0

【悲報】NASA、大きな小惑星が地球に急接近していると警告「22日11時頃に月より近い距離に」「ブルースウィルスが何とかするやろ」「地球オワタ定期」 2ch巨大隕石まとめ

 

NASA、大きな小惑星が地球に接近していると警告

米航空宇宙局NASA)は、大きな小惑星EA2が地球の近くを通過すると伝えた

22日、EA2は地球から約30万5000キロの距離まで接近する。これは地球から月までの距離よりおよそ8万キロ近い。

速度は秒速約5キロ直径は18~40メートル

NASAは9月、地球に70~160メートルの小惑星SP1が接近していると伝えた。同小惑星は地球から587万キロの距離を通過した。

引用・出典:
https://jp.sputniknews.com/science/201903186044317-NASA/

「新たに発見された直径最大30mの小惑星『EA2』は、3月22日の世界協定時間01:54(日本時間 22日10時54分)に地球に最も接近することが発表されました」

※宇宙科学専門のイタリア人記者のTwitterより意訳

(動画引用・出典:Youtubeチャンネル「DEF VIDEO」より – https://www.youtube.com/embed/j-P6ya-pLdU )
(動画引用・出典:Youtubeチャンネル「Next Space Project」より – https://www.youtube.com/embed/XGA1vBdzNLU )
(動画引用・出典:Youtubeチャンネル「AndykunTOP」より – https://www.youtube.com/embed/kp0JLsG_eLA )
(動画引用・出典:Youtubeチャンネル「sunde CarreraSC」より – https://www.youtube.com/embed/bA2afzgT1iM )

隕石

隕石(いんせき、英: meteorite)とは、惑星間空間に存在する固体物質が地球などの惑星の表面に落下してきたもののこと[1][2]。

惑星間空間に存在する固体物質が地球あるいは惑星表面に落下してきたもので[1][2]、大気を通過中に高熱で気化せずに残ったものが隕石である[1]。

隕石の落下

落下の時には巨大な火球が出現し、夜間は空が真昼のように明るくなることもある[1]。衝撃波による爆音の響く範囲は数十km四方を越えることも多い[1]。

さまざまな地域に隕石のことを語ったと思われる伝承や記録が数多く残されている[1]。旧約聖書の『ヨシュア記』には次のような記述がある[1][5]。

主は天から彼らの上に大きな石を降らし、アゼカ(英語版)に至るまでそうしたものだから、打たれて死んだ者の数はイスラエルの人々が剣で殺した者の数よりも多かった。
— 『ヨシュア記』10章11節

落下の伝承と隕石自体が現存する中で最古のものは、861年に福岡県直方市に落下した直方隕石である[1]。ただし直方隕石が実際に落下したのは1749年とする説も存在する。

引用・出典:
Wikipedia – 隕石

18: 2019/03/21(木) 01:26:23.00
直径18~40メートルw

193: 2019/03/21(木) 02:04:13.54
おい 近いぞ なんでこんなぎりぎりでいうんだ

189: 2019/03/21(木) 02:03:37.38
10Kmで人類滅亡だけど
5Kmなら落ちたところとその周辺くらいが死ぬだけで済むぞ

198: 2019/03/21(木) 02:06:24.31
>>189
寒冷化と通信や輸送の遮断
隕石落下後の混乱とかで多分文明は保てない

201: 2019/03/21(木) 02:07:54.81
30mの隕石が日本に落ちたら大体北海道の1/5の面積が吹き飛ぶらしいね
ちなみに東京に落ちたら一発東京壊滅レベルです

20: 2019/03/21(木) 01:26:30.77
昨年は広島原爆の10倍の威力の隕石が落ちたけど
海のど真ん中すぎて誰も気づけなかったんだよな

93: 2019/03/21(木) 01:41:37.26
>>20
動画無いの?

125: 2019/03/21(木) 01:46:02.11
>>93
動画はないな

101: 2019/03/21(木) 01:42:28.26
>>20
これ、この隕石の先行らしいな
本命はこれから

191: 2019/03/21(木) 02:03:54.06
>>20
これか

直径10メートルの小惑星飛来、ベーリング海上空で爆発

【3月20日 AFP】2018年12月18日午前11時48分ちょうど、米アラスカ州とロシアを隔てるベーリング海(Bering Sea)の15.9マイル(約25.6キロ)上空に、直径約10メートルの小惑星が飛来した。秒速19マイル(約秒速30キロ)の速度で大気圏に突入して爆発し、巨大な火の玉と化した。

目撃者はいなかったが、いてつくベーリング海に生息する魚は見ていたかもしれない。

流星は、小惑星や他の天体が地球大気圏に突入する際に起こる発光現象で、一般に流れ星と呼ばれている。完全に気化せず、その一部が地表に到達すると隕石(いんせき)と呼ばれる。

(中略)NASAの地球近傍天体研究センター(Center for Near Earth Object Studies)は、今回の爆発で放出されたエネルギーを173キロトンと推定した。これは1945年に広島に投下された原子爆弾のエネルギー、15キロトンの10倍以上に相当する。

引用・出典:
https://www.afpbb.com/articles/-/3216700

248: 2019/03/21(木) 02:27:21.37
>>20
ツングースカ大爆発以上なのに全然騒ぎになってないな

ツングースカ大爆発

ツングースカ大爆発(ツングースカだいばくはつ、ロシア語: Тунгусский взрыв、英語: Tunguska explosion)は、1908年6月30日7時2分(現地時間)頃、ロシア帝国領中央シベリア、エニセイ川支流のポドカメンナヤ・ツングースカ川上流(現 ロシア連邦クラスノヤルスク地方)の上空で隕石によって起こった爆発である[1][2]。ツングースカ事件(Тунгусский феномен, Tunguska event)とも言われる[3]。

落下した隕石が大気中で爆発したために、強烈な空振が発生し半径約30-50kmにわたって森林が炎上し、約2,150平方キロメートル[4]の範囲の樹木がなぎ倒された。1,000km離れた家の窓ガラスも割れた。爆発によって生じたキノコ雲は数百km離れた場所からも目撃された。イルクーツクでは衝撃による地震が観測された[5]。 爆発から数夜に渡ってアジアおよびヨーロッパにおいても夜空は明るく輝き、ロンドンでは真夜中に人工灯火なしに新聞を読めるほどであった[6][7]。 地面の破壊規模から見て爆発した「物体」の大きさは当初3mから70mと推定された[5]。

引用・出典:
https://ja.wikipedia.org/wiki/ツングースカ大爆発

29: 2019/03/21(木) 01:28:48.70
音の速度が秒速340mだから、5㎞ってことはほとんど光の速さだよな。

70: 2019/03/21(木) 01:37:55.84
>>29
アホ発見

451: 2019/03/21(木) 09:00:08.79
>>29
地球は秒速30kmで公転しているって知らないのか?

31: 2019/03/21(木) 01:29:25.60
2013年にロシアに落ちた隕石が数m~十数mだそうな
40mが市街地に落ちたら被害が出るレベル

(動画引用・出典:Youtubeチャンネル「waijiro」より – https://www.youtube.com/embed/z85FsCb7vXE )
44: 2019/03/21(木) 01:31:56.11
>>31
それはNASAは警告してたのかな

185: 2019/03/21(木) 02:02:55.69
>>31
ふぁ~んなるほど~
最大直径40mとして都市が消える程度だな
地球の7割は海だしね
俺が仕事切り上げてまでシャトルに乗らなくてもいい事案

32: 2019/03/21(木) 01:29:39.08
とりあえず、エアロスミスをブッキングしといて

(動画引用・出典:Youtubeチャンネル「Aerosmith」より – https://www.youtube.com/watch?v=JkK8g6FMEXE )
22: 2019/03/21(木) 01:26:59.85
数学で重力も軌道も計算できてしまう
先進国の人間はすごい

153: 2019/03/21(木) 01:51:42.72
月軌道の近くを秒速5キロで通過か。
地球の引力に捕まって、第2の月になる可能性はないのかな?
月の速度に近ければ、その可能性もあるはず。

というか、月は秒速何キロなんだ? と疑問に思ったので計算してみた。

地球=月間は38万キロだから、月軌道は直径76万キロの円として、238万6400キロ。
それを29.5日で一周するんだから、日速8万0994キロ。
時速3370キロ。分速56キロ。秒速9362メートル。
月はほぼ秒速1キロか。

この小惑星は月の5倍の速度で月軌道の傍を通るわけだ。
じゃあ、地球の重力に捕まるわけないね。

150: 2019/03/21(木) 01:51:01.38
コレの周辺にある数mサイズのは確認すら出来んのだろうな
空見上げてたら火球が見えるかもな

228: 2019/03/21(木) 02:17:31.19
>>1
大きな小惑星?
 何いってんのこの人

334: 2019/03/21(木) 03:18:24.50
>>1
秒速五キロって弾丸より早いじゃん

385: 2019/03/21(木) 05:13:50.42
>>1

マジかよ、タイヤのチューブを
買い占めてくる。

402: 2019/03/21(木) 06:17:21.11
>>1
小さすぎて何の影響もないやろ

53: 2019/03/21(木) 01:33:30.83
シャアめとうとうやるのか!?

54: 2019/03/21(木) 01:33:34.97
落ちたらスペースノイドの仕業と書き込む。

57: 2019/03/21(木) 01:34:52.95
稀によくある大きな小惑星の接近

58: 2019/03/21(木) 01:35:25.90
大きさは間を取ると約30mか。
ちっとも大きくはないが(ちなみにリュウグウは小惑星のうちでは非常に小さい部類になるが直径約900mで桁が違う)、
それでも仮にこれが地球の大気圏に突入すると一つの都市全体に被害を及ぼす程のエネルギーを開放することになるだろう。

87: 2019/03/21(木) 01:40:49.91

117: 2019/03/21(木) 01:45:08.76
>>87
リュウグウなら被害は地球規模だが、
数十mだと都市一つ程度。

60: 2019/03/21(木) 01:35:49.14
大きいのか小さいのか、どっちやねん

62: 2019/03/21(木) 01:36:06.18
なんだおまえらともお別れか

71: 2019/03/21(木) 01:37:58.82
大きな小惑星

72: 2019/03/21(木) 01:38:17.94
直径400キロの隕石が地球に落ちたら人類絶滅。

恐竜が隕石で絶滅したようにいつか、人類も隕石で絶滅する可能性が高い。

102: 2019/03/21(木) 01:42:35.13
>>72
そんなにデカイのいらねえwww
直径400kmの隕石ぶち当たったら生命終わるんじゃないかな

148: 2019/03/21(木) 01:50:09.28
>>72 >>102
有名なイチロー隕石動画だぞ、400kmはw
あのサイズは生命終了。完全絶滅。

恐竜を滅ぼしたので10kmだからな。数十年の氷河期。
これで大量絶滅。

1kmだと2~3年限定の氷河期だから小規模絶滅。
生態系は変化するし人類も10~30億人が飢えて死ぬけど、先進国はなんとか95%は生き残る。

100mじゃ小さな街は消し飛ぶけど気候には影響ない

10mとか直撃した町内がヤバイだけで、落下地点から数キロ離れてりゃ音しかしない。

1mじゃ畑に穴が開くぐらい。

157: 2019/03/21(木) 01:53:25.83
>>148
1kmあたりが人類が耐えられる限界か
生き残っても文明は保てないかもしれない

200: 2019/03/21(木) 02:07:13.54
コロッケ買いだめした方がいいかな?

216: 2019/03/21(木) 02:12:53.33
ブルースウィルスがなんとかしてくれるさ

207: 2019/03/21(木) 02:09:48.92
例えば誰か1人の命と引き換えに世界が救えるとして、お前らは誰かが名乗り出るのを待っているだけの男だろ?

214: 2019/03/21(木) 02:11:38.57
>>207
特に技術もいらないなら行くよ

194: 2019/03/21(木) 02:04:27.42
どわなくろーずまいあーいず
どわなふぉーらすりーぷ
こずあいみっしゅべいべー

187: 2019/03/21(木) 02:03:19.73
公表すんのが遅いわ

182: 2019/03/21(木) 02:01:04.55
アクシズ落とし

177: 2019/03/21(木) 02:00:01.76
スペースコロニーを落とされるよりマシ

169: 2019/03/21(木) 01:57:53.02
しかし宇宙なんてアホみたいにだだっ広いのになんでこんなしょっちゅう隕石が近づくねん
でっかい隕石が地球の公転起動とぴったり重なってシュート、超エキサイティン!なんてどんな精密射撃やねん

人気の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA