0

足利義昭は暗君か?稀代の謀将か?「スパムメール将軍」「将軍家の名のみで信長を追い詰めた」

足利義昭

足利義昭(あしかが よしあき)は、室町幕府第15代(最後)の将軍[1](在職:永禄11年(1568年) – 天正16年(1588年))。

父は室町幕府第12代将軍・足利義晴。母は近衛尚通の娘・慶寿院。第13代将軍・足利義輝は同母兄。

足利将軍家の家督相続者以外の子として、慣例により仏門に入って覚慶(かくけい)と名乗り一乗院門跡となった。兄・義輝らが三好三人衆らに暗殺されると、三淵藤英・細川藤孝ら幕臣の援助を受けて奈良から脱出し、還俗して義秋(よしあき)と名乗る。美濃国の織田信長に擁されて上洛し、第15代将軍に就任する。やがて信長と対立し、武田信玄や朝倉義景らと呼応して信長包囲網を築き上げる。一時は信長を追いつめもしたがやがて京都から追われ備後国に下向し、一般にはこれをもって室町幕府の滅亡とされている。

信長が本能寺の変によって横死した後も将軍職にあったが、豊臣政権確立後はこれを辞し、豊臣秀吉から山城国槙島1万石の大名として認められ、前将軍だった貴人として遇され余生を送った。

引用・出典:
Wikipedia – 足利義昭

 

1: 2007/04/13(金) 18:12:23 ID:fUCZ4ArY

司馬遼太郎「国盗り物語」をはじめ、
戦国時代の「策士策に溺れる典型の貴族趣味の暗君」として、
評価される事が圧倒的に多い足利義昭

対信長戦争の結果は最悪なものとして終わったが、
しかし、室町幕府の将軍としての権威を背景に、
諸大名に号令を発し信長包囲網を作り上げ、
信長に対抗しようとしたことは狡猾で愚かなことだったのか

結果が伴なわなかった為、
最悪の評価を受けやすい足利義昭について、
結果論、先入観を抜きにして考察するスレ

47: 2007/08/08(水) 10:24:28 ID:FS/tlzg3
スパムメール将軍

 

8: 2007/04/13(金) 20:23:27 ID:yJyQiHtO
>>1
なんでそんな両極端なんだ・・
そりゃ足利将軍15人の中では5位以内には入れるだろうけども、稀代の謀将とまでは

 

9: 2007/04/13(金) 20:53:55 ID:E4VwujN0
>>8
上位5人を順位と一緒に発表せよ

 

427: 2010/05/29(土) 06:45:47 ID:lpMRa9Ml
>>1
歴代足利将軍と比較すると、並み以上の将器はあっただろ。
単に信長が凄すぎただけ。相手が悪かった。

 

544: 2011/08/21(日) 03:34:21.31 ID:GiPcqzk5
>>1にもあるんだけど
そもそも、「足利義昭が信長包囲網を構築した」って言い出したのって誰?
遠い記憶で曖昧なんだが、歴史の教科書とかで、そういう記述ってあったっけ?
小説とかゲームなどのフィクション作品除いて

 

548: 2012/06/23(土) 01:17:45.33 ID:jlmADEhh

>>544
正確には第一次信長包囲網が三好や朝倉で
足利義昭は途中からそれに乗っかっただけだな。

首謀者っていうなら三好義継や三人衆じゃね?

 

549: 2012/06/24(日) 15:36:01.34 ID:tvaG/Nbe
>>544
各勢力に御内書を送ったあたりからだろうね。
それまでは信長自ら各勢力に喧嘩を吹っかけて、勝手に死にかけてただけ。

 

2: 2007/04/13(金) 18:16:20 ID:N6b73O+L
負ければ何言われても仕方ない
詰めが甘かった。
ただ暗君ではなかろうな
利用されるだけ殺される可能性もあったし
いや書状も含め総て偽装工作と

 

3: 2007/04/13(金) 18:20:32 ID:g66HTZgZ
足利義昭は二回も将軍宣下を受けたって本当なんでしょうか?

 

4: 2007/04/13(金) 18:26:45 ID:nVOazDCN
槙島城の挙兵のエピソードなどから判断して、基本的には気の強いただの馬鹿だったと思うが、
結果しだいによっては名君に仕立て上げられてた可能性もあったとも思う

 

5: 2007/04/13(金) 18:29:53 ID:fUCZ4ArY

じゃあ冷静に検討をしていくとしようか


まず一番有名な信長包囲網
信長ファンたちからは、
「信長を敵に回して勝てるわけないだろ、馬鹿」
という意見が多いようだが、
この信長包囲網を作ったことはそこまでおろかな事だったのか?
ここに勝機はなかったのか?

 

6: 2007/04/13(金) 19:48:14 ID:qij34oP1
将軍としての自分の利用価値に気付いていた点は、
先代の将軍たちより優れている
義輝の死によって地に堕ちた将軍家の権威を、
信長包囲網成立に寄与するまでに復活させた力量も凡人では敵うまい
しかし『御輿』に甘んじることができない将来の気位が
結果的に身を滅ぼしてしまった
将軍家ではなく一大名として生まれていたなら、
乱世をどのように処していったのかな

 

7: 2007/04/13(金) 20:21:06 ID:BCG29Jm+
包囲網など築かずに信長と仲良くやってたら、評価されてたかもね

 

524: 2011/04/27(水) 10:47:08.31 ID:abrOHbhE

>>7
仲良くって・・
信長からすればただの権威としての御輿にすぎないから、利用価値が無くなれば・・

歴史に名を残す事はほとんど無くなるだろうね。
信長に利用されて捨てられた最後の将軍・・ん?名前なんだっけ?
ってな感じに。

 


10: >>8じゃないが 2007/04/13(金) 21:09:07 ID:sgBvxFXQ
足利将軍の順位はこんな感じでは?
1位: 義満(南北朝合一、日明貿易開始、北山文化)
2位: 尊氏(執権北条氏打倒に勲功、征夷大将軍就任)
3位: 義教(日明貿易再開、比叡山討伐、鎌倉公方討伐)
4位: 義昭(実力者を次々と味方につけて倒幕勢力に対抗)
5位: 義輝(戦国大名同士の死闘をしばしば仲裁、剣豪)

 

11: 2007/04/13(金) 21:20:20 ID:9cUXtUer
>>10
そこの4位には義詮が入って義輝が抜けるのが俺的評価。
尊氏と共に苦労してる幕府開府の功労者だし

 

12: 2007/04/13(金) 21:25:54 ID:E4VwujN0

>>10
義教が幕府の中央集権化を進めようとして失敗したんだっけか?
将軍の中では超強硬派だよね

>>11
義詮は江戸幕府で言うと、秀忠的功績があるの?

 

13: 2007/04/13(金) 21:36:15 ID:9cUXtUer
>>12
そこまで大きな功績ではないけど、弱体な幕府を滅ぼさずに義満に繋げられたのは上出来だと思う。

 

15: 2007/04/13(金) 21:39:49 ID:E4VwujN0
>>13
けど幕府復興を目論んだ義昭よりは評価上になる?

 


525: 2011/04/27(水) 11:12:44.93 ID:abrOHbhE

>>11
徳川家でも家康が関ヶ原戦のちすぐに没していたら・・
本多、大久保抗争や兄・秀康の去就(父・家康の存在なければ・・)など
もし豊臣秀頼と淀君存命で大変だったろうね。

義詮もカリスマ父・尊氏が没した為に内部の抗争(京極道誉、斯波高経、細川清氏、仁木義長)激化
南朝や鎌倉府の存在などもあってよく崩壊しなかったね・・

秀忠の為に将軍の権威を地ならししてくれたカリスマ家康の長命っぷりもすごいがw

 

395: 2009/11/06(金) 12:12:55 ID:APvjNxF8
>>10
義持が入っていないのはおかしい。
父親と比べれば陰が薄いとか信仰狂いとか後継者問題でやらかしてるとか色々あるが、
「長年にわたり安定した時代を築いた」と評価されてるのに。
少なくとも義輝やら義昭よりは上だろう。

 

623: 2017/09/13(水) 01:32:59.14 ID:jVh+xDhO
>>10
尊氏が一位

 

14: 2007/04/13(金) 21:38:00 ID:g66HTZgZ
4~7代目が早世しすぎ

 


16: 2007/04/13(金) 21:49:44 ID:2VG0109e
幕府を潰した義昭よりは誰だって上になるんじゃないのw

 

20: 2007/04/13(金) 22:22:12 ID:E4VwujN0

>>16
それは結果論だw

>>17
なりふり構わずって感じだわな

 

17: 2007/04/13(金) 21:52:50 ID:ZmstWCb5
松永弾正を兄の仇と信長に処分を求めながら
信長と対立するとその松永と手を結ぶ。
無節操な・・・

 

26: 2007/04/14(土) 14:31:58 ID:JWZBKbOO
>>17
名を捨てて実を取ったと見るか、ただの無節操と見るか・・・
多分後者だな。

 

21: 2007/04/13(金) 23:34:22 ID:S7Gf3dWh
包囲網が成功して信長を打倒したとして、義昭が
権力を保持し続けるシナリオって有るのかね。

 

22: 2007/04/13(金) 23:40:11 ID:E4VwujN0
>>21
問題はそこだ
義昭の直轄軍が存在せず、権力基盤がない状況
誰か大名を「管領」とかいう形で直臣とし、
この勢力を直轄化することで勢力を拡大するしかないね

 

23: 2007/04/13(金) 23:41:38 ID:Mr+8dzyX
本能寺黒幕説を採用すれば最終的には信長に勝ったことになるぞ

 

24: 2007/04/13(金) 23:42:58 ID:ZP1YQeBi

まあ謀将なんて評価は過大ですね。

義昭を謀将とする理由の第一として包囲網があげられますが、正直、そんなもん
存在してませんでしたから。
義昭がやったことは、信長と敵対する理由のある連中に名分を与えただけで、信長
の見方をその手練手管で敵に回したなんて業績はありません。そして、朝倉にせよ
三好にせよ彼らは勝手めいめいに信長と戦っていただけで、当人たちに同胞・見方
なんて意識はなかったし、そして重要なことは義昭には彼らに対する命令権もない。
ただ、一本化された指揮権がなくバラバラに戦いを挑まれるというのが、結果的に
信長にとっては対処困難にさせた。そしてそんな状況を少しでも自分の利益に還元
しようと工作したのが信玄だったり本願寺だったり。しかしこの二人にしても、他
勢力に対する命令権なんてないのだから当然思うようには状況を動かせなかった。


義昭がやったことは、構想も戦略もなにもなく、ただ手紙をばらまいただけ。

 

27: 2007/04/14(土) 15:35:50 ID:fgFW4PEp

利に敏い細川藤孝や明智光秀が早々と義昭に見切りをつけ、
織田に走ったことで結論は出ている。

信長にしても義昭との初対面で、その人間的軽さや軽挙妄動ぶりに興ざめしている。

 

28: 2007/04/14(土) 17:14:24 ID:K4U1ThMl
まあ、義昭が暗君と称される所以としては、
本人の資質もそうだが、
あの時期に幕府を背負わねばならなかった時勢的な要因も大きいだろうな。

 

29: 2007/04/14(土) 21:16:24 ID:zMTm8o/9

義輝死なずに逃亡→信長が担いで上洛

だったとしても、たいして変わらなかったような

 

31: 2007/05/06(日) 16:02:43 ID:81ETURI4
お手紙作戦は古来より武力を持たない者がよく行い
尚且つ成功したためしがない
結局自分が武力を有していなければ
追い払っても次々取って代わられるだけで
全くもって意味がない
武家の棟梁たる将軍である義昭が
そこのところを理解できない時点で終わっている

 

32: 2007/05/17(木) 18:37:08 ID:g4vYd43h
>>31
武力を持たない者が、それしか無いからその方法を取るんだろうが。
結果どうなるかを予想するとか、理解するという問題では無いだろう。
まずは、当時の足利義昭置かれた状況と、
その状況下で取れる最善の策について考えねば、
一般論を語った所で意味が無いと思うんだがな。

 

33: 2007/06/03(日) 01:50:57 ID:LCEXDKBH
信長包囲網は机上の空論に過ぎなかった
こいつ自信は何もしてないしホント口だけ番長だろ

 

34: 2007/06/03(日) 18:36:10 ID:BW/bZt42
その机上の空論で一時は確実に信長を追い詰めてたんだぜ
朝倉撤退や信玄急死がなければ、と考えると単なる口だけ番長とは違うと思う

 

35: 2007/06/04(月) 14:04:06 ID:iq4+XRr6
兄上同様に、剣術を習ってた様だが上手かったのかな?

 

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。