1

歴史上で一番すごかった都市ってどこ?「神の怒りに触れたバビロン」「ヤバさなら九龍城塞」「信長にカツアゲされる前の堺」 2ch古代都市まとめ

 

都市

都市(とし、英語: city)とは、商業、流通などの発達の結果、限られた地域に人口が集中している領域である。

都市についての国際的に統一された定義はない。ドーナツ型に同心円を描いたり、都市から放射状に広がる鉄道路線や自動車道の上に衛星都市として点在したり、その周縁の広がり方は、地形的な制約や交通の整備状況などにも依存する。また、その都市に流れ込んでいる人口、経済的な商品、人の移動などその用件によって、同心円の形はアメーバの運動のように多様に変化し、一定した周縁という物は無い。

都市の形成は人類の有史とともにあり、宗教施設や行政施設などを中心に構成された。 また、港湾や宿場町といった流通拠点もまた、流通業やその関連業の集中により都市を形成していく

引用・出典:
Wikipedia – 都市

(動画引用・出典:Youtubeチャンネル「世界のフシギ探検ch」より – https://www.youtube.com/embed/OyC3UInIoYc )
(動画引用・出典:Youtubeチャンネル「ランク帝国」より – https://www.youtube.com/embed/dNLL5TPIhsE )

1: 2018/03/11(日) 18:20:26.98 0
今はニューヨークや東京が世界都市とされていて、人口も多くて経済レベルも高いけど当時の人口や経済的な事から考えて凄いのはどこなの?
やっぱり古代のローマとか?19世紀のロンドンとかにもなるのか?

3: 2018/03/15(木) 09:52:11.80 0
バグダードなんて中世の一時期では単純な人口でいえば最大級だったんじゃない
文化的にも成熟してただろうし

4: 2018/03/15(木) 15:12:08.97 0
ヘレニズム時代ならアレキサンドリア

アレクサンドリア

アレクサンドリア (羅/英: Alexandria, 亜: الإسكندرية‎, 古希: Ἀλεξάνδρεια) は、カイロに次ぐエジプト第2の都市で、アレクサンドリア県の県庁所在地である。2010年の都市的地域の人口は429万人である[1]。マケドニア国王アレクサンドロス3世(アレクサンダー大王)が、その遠征行の途上でオリエントの各地に自らの名を冠して建設したギリシア風の都市の第一号であった。

古代のアレクサンドリアは世界の七不思議の一つに数えられる巨大なファロス島の大灯台(現カーイト・ベイの要塞)や、各地から詩人や学者たちが集まってきた学術研究所ムーセイオン、文学・歴史・地理学・数学・天文学・医学など世界中のあらゆる分野の書物を集め、70万冊の蔵書を誇りながらも歴史の闇に忽然と消えたアレクサンドリア図書館があり、ヘレニズム時代の商業(地中海貿易)と文化の中心地として栄えた。『幾何学原論』で知られる数学者のエウクレイデスや、地球の大きさを正確に測ったアレクサンドリア図書館長エラトステネス、アルキメデス、ヘロン、クラウディオス・プトレマイオスなどが活躍した。

引用・出典:
wikipedia – アレクサンドリア

5: 2018/03/15(木) 19:54:58.73 0
世界最大都市圏である現在の東京が一番すごいんだよなあ…

7: 2018/03/15(木) 21:11:32.16 0
>>5
確かに東京は東京大都市圏や首都圏としての人口は世界最高レベルだけど世界人口70億人中の3000万人ならそこまでの世界的超集中はしてない。
経済レベルはニューヨークに抜かれてる話も聞いたし。

6: 2018/03/15(木) 20:38:01.26 0
究極の海上村落・ヴェネツィア

8: 2018/03/15(木) 23:18:25.08 0
集中度でいうんなら今は亡き九龍城

九龍城砦


九龍城砦(くーろんじょうさい)は、現在の香港・九龍の九龍城地区に造られた城塞、またはその跡地に建てられていた巨大なスラム街を指す呼称。広東語で「九龍城砦、又は九龍城寨 (砦と寨は日本語でも廣東語でも同じ意味を指す。) 」ピン音「Gau2lung4sing4zaai6」と呼ばれてきた。

日本では九龍城砦を「九龍城」(くーろんじょう)と呼ぶ場合がある。香港本土では「九龍城」は九龍城砦が存在した一帯の地域名あるいは行政地区名の呼び名である。

九龍城砦には非常に多くの複雑な歴史的背景が絡んでおり、中国の近代や現代史にも密接に関係している。

元々はほんの数件の木造住宅が建つ程度の土地であったが、香港政庁に燃やされ煉瓦の家が建てられた。1951年頃に不審火が原因と思われる火災により3000軒以上の家が焼失。その後大きなRCコンクリート建のアパートが目立つようになる。九龍城砦は何よりも都会にある秘境的なイメージが先行し、特に日本では1980年代にはカルト的に半ば伝説化した。中には観光バスで乗り付け、内部を探索するというツアーまで登場した。

引用・出典:
wikipedia – 九龍城砦

14: 2018/03/16(金) 17:31:11.44 0
ここまで長安なし?

17: 2018/03/16(金) 19:07:58.51 0
>>>14
同じ時代に、バグダッドがあるからな。
世界一ではないので。

18: 2018/03/16(金) 19:11:00.49 0
13世紀の後半なら、確実に北京が世界一だろう。

21: 2018/03/16(金) 21:40:55.30 0
実際は職場まで何時間もかけて通う方がずっと「仕事のために生きている」不自然な生活なんだよなあ
そこまでして通う職場がそんなに魅力的か?魅力的なんだろうなあ社畜さんたちには

24: 2018/03/17(土) 10:29:29.85 0
ダントツでローマ

25: 2018/03/17(土) 11:23:08.37 0
職住近接っていったら、都心のオフィスに近い家に住むことなのか?

むしろ、職場を郊外に移すことだろ


29: 2018/03/17(土) 15:21:24.10 0
イスファハーンやろ
世界の半分だぞ

エスファハーン

エスファハーン(ペルシア語: اصفهان‎; Eṣfahān) は、イランの都市。エスファハーン州の州都。テヘランの南約340kmに位置する[1]。日本語では、慣例的にイスファハン、イスファハーンとも表記される[2]。

古くからの政治・文化・交通の拠点であり[3]、16世紀末にサファヴィー朝の首都に定められ発展した。当時の繁栄は「エスファハーンは世界の半分(Esfahān nesf-e jahān ast、エスファハーン・ネスフェ・ジャハーン)」と賞賛され[4][注 1]、この街を訪れたヨーロッパの商人も繁栄の記録を残している。イラン人にとってエスファハーンは歴史的・文化的に重要な町であり[5]、町の美しさは「イランの真珠」と例えられる[6]。

町は16世紀以前に建設された旧市街と、サファヴィー朝の王アッバース1世が建設した新市街で構成される。有名なイマーム・モスク(王のモスク[注 2])などがある新市街のイマーム広場(王の広場[注 2])は、ユネスコにより世界遺産に登録されている。

引用・出典:
wikipedia – エスファハーン

30: 2018/03/17(土) 16:31:15.30 0
カイロも、一時期は明らかに世界の最先端だった


31: 2018/03/17(土) 20:00:54.20 0
アジアなら長安・北京(大都)か?
国としては西洋に技術的に負けてたけど水道とか整備されてた江戸もそこそこだと思うけど。
アフリカ、中東らへんなら
カイロ・イスタンブール(コンスタンティノープル)・バグダッド
ヨーロッパなら
ローマ・アテネ

32: 2018/03/17(土) 20:14:00.82 0
斉の都・臨シ

33: 2018/03/17(土) 20:14:48.57 0
コンスタンチノープル

コンスタンティノープル

コンスタンティノープル(英: Constantinople、ラテン語: Constantinopolis、古代ギリシア語: Κωνσταντινούπολις)は、東ローマ帝国の首都であった都市で、現在のトルコの都市イスタンブールの前身である。

強固な城壁の守りで知られ、330年の建設以来、1453年の陥落まで難攻不落を誇り、東西交易路の要衝として繁栄した。正教会の中心地ともなり、現在もコンスタンティノープル総主教庁が置かれている。

コンスタンティノープルは、330年にローマ皇帝コンスタンティヌス1世が、古代ギリシアの植民都市ビュザンティオン (古希: Βυζάντιον) の地に建設した都市である。この地は古来よりアジアとヨーロッパを結ぶ東西交易ルートの要衝であり、また天然の良港である金角湾を擁していた。都市名は「コンスタンティヌスの町」を意味する。

330年より東ローマ帝国の行政首都として建設された[1]。西ローマ帝国において西方正帝が消失した後には同地で「新ローマ」「第2のローマ」とする意識が育ち、遅くとも6世紀中頃までには定着した。

引用・出典:
wikipedia – コンスタンティノープル

34: 2018/03/17(土) 20:15:07.12 0
チンギス・ハンに破壊される前のサマルカンド

35: 2018/03/18(日) 15:33:39.20 0
どのようにすごかったのか、せつめいできますか

36: 2018/03/20(火) 19:17:38.73 0
世界中を回ってる人は東京が世界一と言うね。
シャラポワも「東京ほどエキサイティングですごい場所はない」て言ってるね。
外資銀行の東京支店長も同じこと言ってた。
「たまにニューヨークに帰るととつまらなくて、早くあの素晴らしい東京に
戻りたくなる」って。
昔のことは知らん。唐の長安とか興味深いけど。

37: 2018/03/20(火) 19:30:28.98 0
東京より横浜のほうが綺麗だよ
でも住むなら埼玉がいい

38: 2018/03/20(火) 19:49:17.18 0
唐の長安は、戒厳令で夜間外出禁止の軍事拠点都市だ。

華やかさなんか、まるで無いぞ。

41: 2018/03/20(火) 23:07:33.38 0
>>38
いつ西戎や北狄に襲われるかわからんもんなw


42: 2018/03/20(火) 23:17:23.55 0
>>38
長安はチベットの支配領域だったよね

131: 2018/04/14(土) 20:48:06.17 0
>>38
坊門が閉じられるだけで坊城内は移動可能
しかもこの坊一つ一つが600~900四方とヨーロッパの中規模都市くらいはある(カルカソンヌは南北450東西250)
都市面積や人口規模で格付けするならヨーロッパとか近代入るまでどうあがいてもアジア圏には勝てないと思う

132: 2018/04/14(土) 21:16:42.15 0
>>131
(コンスタンティノープルは取り敢えず置いておくとして)
コルドバは……

近代っつうか、近世のパリ、ヴェネッィア辺りから、欧州の都市は規模的にアジアに追いついてくる

43: 2018/03/20(火) 23:25:24.43 0
一時、吐番に占領された

58: 2018/03/21(水) 21:04:09.70 0
>>43
吐蕃チベットなんて人口僅かなのに占領されちゃったって唐弱すぎないか?

59: 2018/03/21(水) 21:12:12.08 0
>>58
そんなクソザコナメクジに白村江の戦いで負けた倭ップさぁ…

62: 2018/03/21(水) 21:19:00.78 0
>>59
鮮卑王朝は、
対馬海峡を渡ることすら出来ずに崩壊したんだよなあ


45: 2018/03/21(水) 10:23:19.11 0
神戸だよ
1880年代から第一次世界大戦期まで、イスラム教関係出版物がカブールと並んで世界で最も数多くリリースされた、イスラム教の知的な世界の中心だった。イスラム教の地域でないのにイスラム教の中心となる、偉大な都市だった。

46: 2018/03/21(水) 13:22:05.89 0
世界最高人口密度を誇った(?)九龍城もすごいんでないかい?

47: 2018/03/21(水) 14:09:19.16 0
東洋ならば長安、西洋ならばコンスタンティノープルじゃないかな?

48: 2018/03/21(水) 14:11:27.09 0
経済力と人口で考えると東洋代表は臨安の方が妥当か。

49: 2018/03/21(水) 14:17:13.20 0
発展レベルだと京城(ソウル)
総督府設置前は不衛生で伝染病も流行り、洪水も多発し,ハゲ山だったけど、設置後は病院、学校、ダム、植林、道路、役所などが出来てかなりの発展を遂げた。

50: 2018/03/21(水) 18:36:55.41 0
発展レベルだと東京
GHQ占領前は不衛生でチフスや性病が流行り、火事も多発し,赤線やドヤ街ばかりだったけど、
占領軍によるDDTによるシラミ駆除やペニシリン投与によって激減、女郎屋も一掃されて女性の地位もかなりの発展を遂げた。

53: 2018/03/21(水) 19:00:16.56 0
>>50
昭和19年~昭和20年と比較すると、
GHQ占領期の昭和21年~昭和25年は治安が悪化してるぞ

51: 2018/03/21(水) 18:55:16.69 0
包囲戦だとレニングラードだろう?

52: 2018/03/21(水) 18:58:02.29 0
>>49-50
もう東京とソウルでワンツーフィニッシュでいいだろ?

63: 2018/03/21(水) 21:44:29.13 0
世界的に見るとそうじゃないが、
1930年代のニューヨークは凄いと思う。
「エンパイアステートビル」は「あべのハルカス」よりも高い。
それがもう80年前に出来てたのが凄い。
まあ当時は失業者が恐ろしいほどいたそうだが。

64: 2018/03/21(水) 22:02:30.61 0
ラサがすごいと思うな
あんな高所にポタラ宮殿なんていう巨大建造物がある都市
世界一だろう

ラサ

ラサ(ལྷ་ས་,lha sa)は吐蕃時代の7世紀に成立したチベットの古都。吐蕃時代(7世紀 – 842年)やダライ・ラマ政権時代(1642年 – 1959年)に政権の本拠地がおかれて政治的中枢となり、また政権の変遷をこえて文化的中枢でありつづけた。チベット、モンゴル、満州などの諸民族から構成されるチベット仏教文化圏の中枢でもある。

トゥルナン寺のチョカン(本殿)をとりまくナンコル、トゥルナン寺の境内をとりまくパルコル、パルコルを東の中心、ポタラ宮があるマルポリの丘・薬王山チャクポリを西の中心とする楕円状をなすリンコルの、三重の環状巡礼路をメインストリートとし、ダライ・ラマ政権の末期には、古都ラサの市長「ミプン」はリンコルの内部を管轄していた。

引用・出典:
wikipedia – ラサ

71: 2018/03/24(土) 13:25:35.96 0
>>64
チベットって最貧国みたいなのにどうやってあんなの作ったんだ?

65: 2018/03/22(木) 04:45:23.78 0
富士山並みの高所で肉体労働するのってやはり空気が薄いから平地よりさらにつらいのかな


人気の記事

1件の返信

  1. 九龍城塞すこ

    現地調査でつくったと言われる断面図とかほんま面白かったわ

    スラム街は清濁入り混じった人間らしさと生活感の塊みたいなトコあってほんま魅力ある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。