0

雑兵足軽の実状「日当が米5~6合」「戦国時代のフリーター」「まさに傭兵って感じ」 2ch反応まとめ

 
425:2007/11/24(土) 14:36:57 ID:VwkyrK2V
中間は足軽と違うのですか?

 

426:2007/11/25(日) 11:45:14 ID:8GE49TQk
足軽→平
中間→派遣・臨時
下男→バイト

 

427:2007/12/05(水) 19:06:14 ID:4mXAV/zf
中間や下男は所帯を持つことできたのかな?
足軽より低いんじゃ生活苦しそうだ。

 

428:2007/12/05(水) 19:56:43 ID:ClHPI/uC
衣食住のうち「住」と、場合によっては「食」の一部まで主君や上司に宛がってもらってたから
結構なんとかなってたはず。当時は今みたいな消費社会ってわけでもないし。

 

429:2007/12/18(火) 20:24:00 ID:Q0drPAVR
足軽は幕臣や藩の家臣なのですか?
それとも武士の家来なんですか?

 

430:2007/12/19(水) 13:44:18 ID:E0ZR31B/
江戸期においては、足軽は藩の家臣。

 

437:2008/01/27(日) 00:21:14 ID:60URud4U

足軽は現代の軍に比定したら、末期の急募兵にあたるのか?
それとも下士官まで含めるくらいで、二等兵~曹長クラス?
曹長なんかの下士官クラスは足軽組頭くらいにはなるのかな。

尉官以上の士官クラスになると、一気に含める幅が広がりそうだが。

 

438:2008/01/30(水) 19:00:25 ID:9+yLRXGV
尉官以上の士官クラスは「職業軍人」という括りになりそうなw
足軽なら二等兵、いいとこ一等兵クラスじゃないの?

 

442:2008/02/05(火) 01:09:09 ID:ppJQLNoh

つか徴兵制は弊害が多すぎて、今も昔も使い勝手が悪いんだよな。

あと武士に課せられる軍役は常に雇っておくべき人員で、
基本的にプロやセミプロなんだよ(建前だけどな)。
また戦に合わせて急募したり、陣借りなども同様。

いわゆる農民は、賦役以外で動員される事ってあんまりない。
北条は対武田戦・豊臣戦で動員したけどそれでも城兵として(しかも日当を払って)であって、
遊撃戦力としては動員していない。

 

448:2008/03/20(木) 13:00:17 ID:SVaUerTV
足軽が装備する刀は斬れ味が悪いので左手で背を押して突き刺して使ったそうな。

 

449:2008/03/20(木) 18:02:35 ID:Q35Y0veK
>>448
足軽の登場が刀の大量生産を助長したんだっけ?逆?

 

453:2008/04/14(月) 18:36:45 ID:nV7rUcYj

>>448
刀剣類の大量生産は、明への輸出の増加によるもの。
日本刀というだけで高値で買い取られたため、刀の大量生産が必要になった。
明への日本刀の輸出総数は、記録にあるだけでも二十万を超えている。

と、こういう説もありますよ。

 

450:2008/03/28(金) 00:24:24 ID:B2H7Y8dJ
坊主が短刀を持つくらい、日本は鉄器信仰が根付いていた訳だからなあ。
それに中世の村が非武装なんてあり得ないし。

 

451:2008/04/14(月) 14:15:14 ID:vvJHnayy
足軽の鎧ってどれくらいの防御効果があったの?

 

452:2008/04/14(月) 16:10:18 ID:hmRFuCSI
鉄砲以外のだいたいの攻撃からは身を守れたんじゃないかと。
テレビなんかじゃ陣笠つけた足軽が常備兵の如くどの合戦でも前線で戦ってるが、
あいつらが前線で戦うなんて本当にあったんだろうか。
小荷駄などの予備兵扱いでしょ、奴らは。
せいぜい追撃でしか前に出なかったんじゃないかと。

 

454:2008/04/14(月) 19:12:30 ID:96Ipni/b
>>452
槍足軽は戦闘職種ですよ

 

455:2008/04/15(火) 02:33:09 ID:KGjO8AvI

>>452
小荷駄は鎧すらつけないこともザラ。
対して槍足軽なんかは最前線を担うだけあって軍勢全体としてみても侍に匹敵するほどの重装備だしな。

というか戦闘員と非戦闘員をごっちゃにしている時点でなんともかんとも。

 

456:2008/04/15(火) 08:48:49 ID:+kZa++5s
最近大河みると足軽は畳鎧ばっかりで桶側胴や仏胴があんまり見当たらないよね。

 

462:2008/04/15(火) 22:16:03 ID:sNJImuCv
>>456
そこ俺も思ってた
畳鎧ってマイナーなのにね

 

464:2008/04/16(水) 13:49:17 ID:B/Y8A70f
>>462
足軽なら仏胴か桶側胴の表に紋がついてるイメージなのにな。

 

460:2008/04/15(火) 21:29:38 ID:OOG74/7G
足軽の陣笠は鉄製で、調理の際は鍋にもなる優れもの。
また日除けの他、礫や矢など雨の日でも安心。

 

463:2008/04/16(水) 04:34:51 ID:OyYdv3V0

>>460
足軽の陣笠が全て鉄製になったのは、意外に江戸以降。

それまでは竹の骨組みに紙を貼って漆塗りにした物や、錬革製といった陣笠がある。
形状も我々が想像するような形から、とんがりコーンくらいとんがった物とか、
富士山状の台形の物もある。

 

469:2008/05/16(金) 14:13:12 ID:1/Y6dAZp
>>463
あら?んでは陣笠を鍋代わりにしてたっていうのは全員やってたわけではないのね。

 

465:2008/04/22(火) 00:45:19 ID:T4SfdIeu
槍足軽は兜や頬当着けてるのも多かった
鉄砲足軽は頬に銃床を当てて照準する関係上陣笠と小型の籠手だった

 

466:2008/04/22(火) 09:40:15 ID:f6wevYFA
家紋付きの御貸し具足が一般的になったのは江戸時代かららしい。

 

467:2008/04/23(水) 01:11:20 ID:HSHP9iw3
大坂冬の陣図屏風には御貸し具足の鉄砲足軽が大量に描かれてる。
とすると正確にはいつから御貸し具足が一般化したの?
たしか石田三成の御貸し具足も現存してたと思うけど。

 

475:2008/06/16(月) 22:13:06 ID:6egX5DNI
>>467
関東じゃ北条氏が氏康の時代にはもうやっていたような。

 

481:2008/07/29(火) 02:44:44 ID:T3vAKVVt
>>475
北条は兵士の装備を統一してたからね。
兜の前立てや、槍に付ける紋の間隔まで指定する凝りよう。

 

482:2008/07/29(火) 09:45:41 ID:l11P27pu
>>481
北条はとにかく細かいね。伝馬、軍備、検地、収税・・・。
記録魔だし。

 

470:2008/05/16(金) 21:05:12 ID:Xm378uCt
平塚為広の足軽が鉄の陣笠で、それについて家康が鍋代わりにもなるなと言っただけ。

 

471: 人間七七四年@全板トナメ開催中 2008/06/06(金) 13:31:00 ID:B3EYCJnZ

43 :名無し曰く、 :2008/06/06 11:24
実際の昔の戦争なんて腹のすかせた百姓の寄せ集めが、他国の村を襲って
鬱憤晴らしするだけだろう。金、金、女。

戦に負けたら、武将は部将や百姓兵を何人か首斬って責任転嫁、百姓兵どもは
少年兵を襲って憂さ晴らし。どうせ10代前半の足軽なんていくらでもいるから
性欲処理には困らないだろう。売春婦どももいっぱいいるだろうしな。

 

人気の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA