0

雑兵足軽の実状「日当が米5~6合」「戦国時代のフリーター」「まさに傭兵って感じ」 2chまとめ

 
698:2009/08/11(火) 17:18:02 ID:Gk7ap0wp
しかし戦国の100年間、軍隊の重要なポジションを担い続けた足軽なのに、
結局武士なんだか違うんだかわからない、不安定な身分のままだった。

 

700:2009/08/11(火) 18:01:24 ID:PrbhV8RA
備自体がまだ整備されて無い。

 

701:2009/08/11(火) 18:02:30 ID:ASpek084

太田道灌の時代 ーー 足軽=悪党
北条千葉の時代 ーー 足軽=農民

でも悪党と農民は違う

 

702:2009/08/11(火) 18:17:12 ID:PrbhV8RA
足軽と一言で言っても指してる物が違たりするからな
信長公記みたいに一つの作品の中で
侍身分を含んだ歩兵全般と、半農主体の軍役衆を
それぞれ足軽という同じ言葉で表したりしてるものもある

 

703:2009/08/11(火) 18:58:14 ID:/s527mnt
雑兵といわれる最下層の足軽は、いつの時代もその党や組頭の下男や領内の農民でしょ

 

704:2009/08/11(火) 19:02:14 ID:esU3yAFu
兜武者が城攻めで土塁で撃たれて矢げん堀に落ちて絶命した場合、その兜首を
撃ち殺した鉄砲足軽はどうやってそれを照明するの?
首拾いに行くのか?いつもどうしてるのか考えてしまう(´・ω・`)

 

705:2009/08/11(火) 19:07:18 ID:Gk7ap0wp
>>704
土塁に兜武者が出てくるほど攻め込まれているようなら、それは銃撃戦じゃなくて、
刀を使う接近戦になってるだろ。
土塁を隔てた銃撃戦の段階なら、そもそも兜武者はそんな危険なところに
ひょっこり顔を出さない。

 

706:2009/08/11(火) 19:09:05 ID:JAMobdiK
確実に誰が撃ったか解らない状況では
誰の手柄にもならない

 

710:2009/08/12(水) 00:19:13 ID:tPWqqd47
>>706
なんか手柄を立てられるか否かは、実力や勇気より運による要素が大きそうだね
末端の連中の士気を高めるために、正確に軍功を計る方策考えたりしなかったのかなあ?

 


715:2009/08/12(水) 07:33:46 ID:qwO3pwrl
>>710
そもそも軍功とは大名が主従関係のある侍の働きを査定するものであって
足軽を評価するためのもんじゃないと思う

 

708:2009/08/11(火) 21:48:00 ID:52M31gWu
兵に弓の訓練とあるけど、これが足軽かどうかはチト不明
普通の侍かもしれないし、もしそうなら普通に弓馬の鍛錬と言う事になる

 

709:2009/08/11(火) 23:42:38 ID:0z2JaPyZ
火縄銃伝来前の猟師とか弓使ってたんじゃないのか?
わざわざ素人に訓練する必要もないかも

 

711:2009/08/12(水) 00:22:14 ID:7z1MqqpB
専業猟師は絶対数が少ない
農民も害獣駆除のために弓は自体は扱えたが、戦場で使うとなるとやはり訓練が必要

 

712:2009/08/12(水) 01:59:18 ID:ubGmC9WJ
大まかな方向に向けて曲謝出来る程度に弓を扱えればいいんでねぇの?

 


714:2009/08/12(水) 02:40:36 ID:6qH7569m

>>712
その程度の技量で効果的にやるとなると、イングランドロングボウ部隊のように
弓兵を大量動員しての一斉射が必要になるんじゃないか? 日本じゃそんな例知らん。

映画だと蜘蛛巣城のものすごいシーンがあるけどさ。

 

718:2009/08/12(水) 12:36:30 ID:7z1MqqpB
>>712
日本では曲射はしない。
相手が密集陣形を取らないのだから、
距離さえあってれば誰かに当たるだろうは通用しない。

 


713:2009/08/12(水) 02:28:23 ID:qZLqSqqm
足軽弓は斉射してなんぼだから指示した距離に飛ばす位の訓練は必要かもな
あとは遮蔽物の利用方法や号令に合わす訓練とか
少なくとも武士の一撃必中させるための訓練よりは楽だろ

 

716:2009/08/12(水) 08:41:15 ID:6DA9uqWw
和弓は引くだけでもそうとうな腕力が必用とされていたからねぇ。
へたくそがいても矢の無駄遣いじゃなかったのかな?
消耗品とはいえ、矢じりを作る生産だとか考えると無駄矢は撃ちたくないよね。
親指大の矢じりだとしても、300の弓組みが5本消耗したとして1500でしょ。
製鉄して砥いでって考えると大変なもんだよなぁ・・・・

 

717:2009/08/12(水) 09:35:06 ID:/iPMQklQ
撃ち込まれた無駄矢は、敵が回収して再利用するしな。

 

730:2009/11/19(木) 19:17:45 ID:jDV5RXFj
足軽に実態知ってから徴兵された兵士こそ最大の戦争犯罪人で
全員地獄へ落ちるべきもの、と思うようになりました。
乱取り、略奪、強姦。
戦争の勝ち負けに関わらず役目が終わったら処刑しといた方がいい連中ですね。

 

734:2009/11/20(金) 01:51:26 ID:skrimxLe
>>730は女かね?
雑兵も足軽も野伏も一揆衆も僧兵も
そのへんは変わらないんじゃないの

 

774:2011/10/22(土) 12:04:44.95 ID:3kyyvuXW
>>734
ヤクザの遠祖とも言われてるしね。

 

744:2010/04/29(木) 20:08:11 ID:+rMYUy3J
>>730
乱取りなんて大名公認だろ。
そうでもしなきゃ合戦なんて成り立たなかった。
そんな時代だったってことなだけ。

 

731:2009/11/19(木) 19:23:14 ID:q2fLs0JL
初期の足軽と、土一揆を構成している層とは殆ど同じ、という説は面白い。

 


740:2009/12/16(水) 05:45:36 ID:WOO0XLNW
>>731
黄巾賊が曹操に取り込まれて青州兵になったみたいなもんか。
要は農家の次男三男で食うに困った連中。農耕社会では東西を問わず不安定要素
とされる遊休人口だな。

 

732:2009/11/19(木) 23:03:12 ID:HqyZmvMA
信長の弓衆てのは弓足軽の集団でしょうか?
北政所の養家浅野家も弓衆の出と言いますが?

 

735:2009/11/20(金) 15:16:43 ID:3y3H7wvq
>>732
信長公記の記述の事を言ってるなら上の人が言ってる様に
弓小隊の指揮官の侍くらいに考えていいと思うよ

 


733:2009/11/20(金) 00:29:06 ID:G6iX3sUZ
研究してるわけじゃないが、個人的には多分足軽身分ではないと思う。
弓衆太田牛一は堂洞城での戦いの功績で信長から重ねて知行を下されたと公記に記述がある。
知行を持っているのは普通士分。よって弓衆牛一は足軽ではないと思う。
浅野家も同様じゃないかな。

 

736:2009/11/22(日) 17:45:00 ID:fU5Bzvq8
>>733
岩倉織田家の林弥三郎の様な立場の武者だろうね

 

737:2009/12/16(水) 01:05:41 ID:FLsXk14y

足軽=一兵卒
侍=本来は馬上。最低でもお供のモノがつく

っつう認識でいいの?

 

741:2009/12/19(土) 12:30:21 ID:aWsZjGP2
>>737
足軽はもともと形容詞としても使われるから
戦国以前だと、武士が鎧を脱いで足軽になるとかいう表現があったりする

 

746:2010/08/19(木) 21:51:29 ID:ewshX/hz
>>737
恒常的に仕えてる立場の者が士分で、徴兵か臨時に雇われた立場が足軽といいたいけど
陣借り武者なんかもいるから難しいね

 

738:2009/12/16(水) 01:11:59 ID:fOZAD7Yr
境界はあいまいだけどね

 


人気の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。