2

『夜這い』とかいう日本の農村にあった闇深な風習「夜這いを拒めば村八分」「花園メリーゴーランドの世界」「女が男を夜這うケースもあった」 2ch夜這いの民俗学まとめ

 

夜這い

夜這い(よばい)とは、夜中に性交を目的に他人の寝ている場所を訪れる事。国文学関係の研究者の間では、一般には夜這いは古代に男が女の家へ通った「よばう民俗の残存とする考え方が多い[1]。

語源は、男性が女性に呼びかけ、求婚すること(呼ばう)であると言われる

古くは、759年に成立した『万葉集』巻12に「他国に よばひに行きて 大刀が緒も いまだ解かねば さ夜そ明けにける」と歌われており[2] 、大正時代まで[3]農漁村中心に各地で[* 1]行われていた習俗[4]。

戦後、高度成長期直前まで、各地の農漁村に残っているところがあった[5]。徳川時代には、法令、藩法、郷村規約などで、しばしば夜遊びや夜這いの禁令を出したが、婚姻制的な強制ではなく、風俗的な取締りにすぎないものであった。明治維新には近代化が図られ、明治政府が富国強兵の一環として国民道徳向上の名目で、一夫一妻制の確立、純潔思想の普及を強行し夜這い弾圧の法的基盤を整備した。農村地帯で慣行されていた夜這いやその他の性民俗は、非登録、無償を原則であったため、国家財政に対する経済的寄与が一切なかった結果、明治、大正の頃まで夜這いが盛んだったのは、山深い山間部の村落中心となった[1]。

多くの場合男性が、女性の元へ通うものだが、女性が通う風習を持つ地域もあった[6]。

引用・出典:
Wikipedia – 夜這い

(動画引用・出典:Youtubeチャンネル「驚愕通信」より – https://www.youtube.com/embed/LsdX5Ox_2bM )
(動画引用・出典:Youtubeチャンネル「チャンネルついてる」より – https://www.youtube.com/embed/ynxy3iqstMI )

5: 2010/11/29(月) 04:29:37
むかしの農村うらやましい、とおもたけど、
自分のオカンかそんなことしていたり、
そんなことで生まれた娘や、夜這いなれした娘と
結婚することを思うと、ゾっとするな。
10: 2010/12/01(水) 02:22:37
>>5
そう思う自分の感覚が、儒教、国学といった近代日本の価値観に
支配されているという自覚を持つことも大切だぞ
どっちが正しいとかじゃなくてな
14: 2010/12/08(水) 03:14:42

>>10
近現代の日本に生きる上で近現代の価値観を持たないことは
百害あって一利無しなのに

どうして近現代の価値観に支配されているという自覚を持つことが大切なのか
よく解らないんですけど…

696: 2013/01/01(火) 16:10:16.51
>>14
ある時代考察をするうえで、現代の価値観で行ったらだめに決まってるだろう…。
6: 2010/11/29(月) 14:27:18
村の若者総出で輪姦パーティーみたいな日もあったんだろうか。
7: 2010/11/29(月) 14:28:22
輪姦だとイメージが悪いな。
乱交か。
8: 2010/11/30(火) 17:49:34
まれびと、一夜妻というのが
交通不便で行商人も通ってこない場所にはあったそうだ。
12: 2010/12/04(土) 15:05:25

夜這いのある村、ざこねの風習のある村は、

村内は一家
村内みな兄弟

13: 2010/12/07(火) 05:04:01
鎮守神社などの春、秋祭り。夏祭り。
本日(夜)無礼講。産めよ!殖やせよ!我が氏子たち
ドンドンヒャララ~
15: 2010/12/08(水) 06:34:28
日常生活ではいわゆる世間の常識が大切。過去を扱う学問をやるのに世間の常識を振り回す奴はアホ。
16: 2010/12/08(水) 21:06:36

夜這い文化?では決定権は基本的に女性側にあり、拒否られると退散しなければ為らないのが暗黙のルール。
その際の儀礼や作法もちゃんと存在しました。

一晩に若い衆が連れ立って目標の女人宅に何人も寝所にご訪問(夜這い)しても件の女人の意中の椰子でないと拒否権発動。
そゆ時は侵入者は指一本触れてはいけません。そのままバックオーライでご帰還ヨロシク。
(家人にハケンされれば即終了。場合によっては警察沙汰に。)

たまたま敵さんの「大当たり」の椰子だと・・・
他の連中はほぞを咬みつつ退散。又は、マタリと事が成就して終わるのをひたすら待つのみ。

無理やり手込めにして思いを果たす輩も無きにしもあらずですが、発覚すれば双方の家同時は優に及ばず後々コミュニティーからは非難され、ビミョーな立場(最悪は村八分)に追いやられる悪寒。

17: 2010/12/13(月) 11:24:04
実力者ならそんなのお構いなしだろ
法なんてあってないような時代
21: 2010/12/22(水) 03:40:56

戦前まで日本って野蛮だったんだな。

狭山事件だって、いろいろ複雑な周囲の環境あるしな。
そもそも被害者も非常に「発展的」な女子高生だったし、
自殺した結婚直前の犯人だって、いろいろ。

23: 2010/12/31(金) 20:59:25
婚前交渉が一般的だったってだけじゃね?
明治時代の儒教思想と西洋の純潔&ニ夫にまみえず
って考え方が特殊なだけで、現在の日本みたいに一般人
に結婚は存在するけど、婚前交渉や不倫は以前として
存在するほうが人間的にも歴史的にも見て普通だろ。
24: 2011/01/03(月) 19:38:04
俺の生まれた地域では今でもやってるよ。
27: 2011/01/06(木) 16:27:15
戦国時代の武家の女性でも、結婚は同盟として行われ、
相手の家と自分の家の仲が悪くなると、離婚し、また同盟
が必要な相手と再婚した。
また江戸時代の武家でも離婚再婚率はいまより遥かに高かった。
特に江戸は庶民階級では男性に比べ女性比率が低かった為に、
女性に再婚を奨励していた。
「純潔&ニ夫にまみえず」は明治時代から。
38: 2011/01/07(金) 21:41:55
昔は里親ではなく、ホイホイと養子に出して口べらししてたからな
39: 2011/01/07(金) 23:15:53
大人になってから養子を違う氏姓の家から
向かえるという日本は、氏姓が違えばお育ちが違うとして
同じ氏姓からの養子に拘る東アジアでは珍しい。
41: 2011/01/08(土) 06:19:40

今は結婚適齢期の男女比はほとんど同じなんだな

老人になって女の割合が格段に増えても、今更一夫多妻も意味がないし

戦争が必要かなやっぱし

42: 2011/01/08(土) 09:14:09
たとえ共稼ぎでも、嫁が農業とか庶民相手の商売とかだったら向上心がなくなって
不倫しまくるんだけどな。貞操観念を含む道徳は、向上心がないとすぐに興味を失って
享楽に走る。人間というのはそういう生き物だ。
43: 2011/01/08(土) 09:40:14

そもそも庶民に貞操観念ってあったのかな?

日本の女の貞操観念って、処女性とかではなく、親とか夫とか恋人に忠実であることだったらしいね。

49: 2011/01/08(土) 14:15:18
>>43
江戸時代は庶民や公家など恋愛におおらかだったので婚前交渉は当たり前だったらしい。
処女や純潔や童貞を尊ぶ価値観もなく、ある時期になったら、親や村が相手を
斡旋してたくらい。夜ばいもこの層が主流。
結婚中は男も女もお互いに貞節観はあったようだが、離婚率が今よりよっぽど
高かったので、相手が嫌いになったり、好きな相手ができたりしたら離婚して
再婚すればいいからね。
明治時代になって、西洋のピューリタリズムの禁欲や純潔思想が入ってきた。
44: aki ◆kinMUdQ.g6 2011/01/08(土) 09:41:39
つまり、こういう日本の女の貞操観念というものは、本来武家のものだったはずだよね。
それが庶民にもあったのかちょっと不思議な気がする。
45: 2011/01/08(土) 10:13:57

百姓でも地侍の末裔とかはもちろん、地主のような有力農民は向上心があるから道徳規範は強い場合が多い。
零細農小作農は他に娯楽がなく、道徳規範を守ってもメリットがないから、村で共同生活するために必要な
村の規範の範囲で夜這いをかけまくったりする。

今のガキが性道徳を軽視するのは、百姓の感性そのままの団塊世代以降が町に出て道徳を破壊したことや、
生活の向上が頭打ちでしかもグローバル化などといって虚業による楽して儲ける風潮が高まり正直者が
馬鹿を見る世界になって道徳全般を軽視する風潮が高まったことが原因。そこに長年に渡る教育現場での
道徳教育の不在がダメ押しした形だ。

46: 2011/01/08(土) 10:20:51
う~む、非常に説得力がありますね。
コピペして使いたいくらいです…
53: 2011/01/08(土) 18:27:53
明治期にイギリスやフランスの思想に一旦どっぶり浸からないと
西欧文明をものにできなかったんだろうな。
54: 2011/01/08(土) 19:01:14
>>53
政府高官は鹿鳴館みたいに使った人間もいるだろうけど、庶民も同じとか考えてるとしたらナンセンス。
都市の中流家庭でまともな性モラルを持っていたのは、役人などを手本に武士の道徳規範に習うことが
自らのステータス向上を自覚する手段にもなったため。
零細農小作農や都市貧民と違って、中流層のような富の所有権を明確に意識する人間にとっては
性モラルも強固。文化人類学でしばしば語られるように、女性の性も親や夫の所有物として贈与あるいは
所有されるから。
58: 2011/01/09(日) 00:22:32
>>54
>文化人類学でしばしば語られるように、女性の性も親や夫の所有物
文化人類学に詳しいなら、それ以前に、母系社会や女性上位社会、
子供は女性の物とし、土地の所有権や性の主導権は女性の側にあった
時代があることも知っているだろうが、その事は書いてないね。
そもそも、性モラルは時代や環境によって変化していく物であって、
どの性モラルがその時代によりあっていたか、とう事に過ぎない。
武士の道徳規範が最上とする考え方自体がナンセンス。
62: 2011/01/09(日) 05:43:02

>>58
>母系社会や女性上位社会

母系社会はいくらでも例があるが、女性上位社会は男女のジェンダーがそっくり入れ替わった
たった一つの部族限定の話だろ。
母系社会については、例えばアメリカの黒人コミュニティのように、富の蓄積を前提とする高度な
近代社会の形成を阻害するものと見ている。日本が衆愚政治に陥ったのも馬鹿な有権者が
台所感覚とやらを振り回し始めたのが原因だ。福祉が肥大した国は財政難で崩壊するんだよ。
人の命は大事だが、それで揃って貧乏になってりゃ世話はない。
性モラルを含む道徳規範は、硬度に複雑化した国の運営と密接に関係する。母系社会を例に取った
現状の正当化はナンセンスというのがこっちの考えだ。

65: 2011/01/09(日) 12:46:31
>>62
古代母系社会は、だいたいにおいて女性上位の社会だよ。
何故なら、子供の所有権は母親にあり、血筋にともなう財産や地位の継承
は女から女へと行われ、性の選択権も女性の側にある。
古代に遡れば、女神や女王が多くなるのはそのため。
日本神話や他の古代の多神教でも最高神に女神が多いのはそのため。
古代の大和朝廷時代も王位や高位に付くには母親の血筋か、妻が王族かが重要。
86: 2011/01/11(火) 10:46:43

俺の爺さんは夜這いで結婚できたそうだ
爺さんの両親と婆さんの両親が仕掛けたそうで。
昔はおおらかなんだなって思った

婆さんは知らなかったそうだ・・・

87: 2011/01/11(火) 16:47:00
田舎はそんなもん。寺だろうが駐在所だろうが、亭主が出張で不在なら夜這いをかけられる。
DQN集団の中で村のしきたりに抗えば巡査でも村八分、酷い場合は変死体で発見だからね。
88: 2011/01/11(火) 18:36:59

逆にうちのばあさんは他に好きな人がいたが、当時はそこそこ財産が
ある家に生まれたせいで、無理矢理うちの爺さんと結婚させられたらしい。
爺さんが死んだ後、哀しそうに家族にこの事実を語ったばあさんの
姿を見て、好きな相手と結婚できる時代に生まれて良かったと思ったよ。
当時は無理矢理の結婚を強制させられるのが嫌で、自殺したり恋人と
心中したりする女性もかなりいたらしい。

これだけではなんなんで、うちの地方では女の夜ばいの話が伝わってる。
男に会いたいばかりに当時は危険な夜道を走っていったらしい。

89: 2011/01/13(木) 06:29:24

>当時は無理矢理の結婚を強制させられるのが嫌で、自殺したり恋人と
>心中したりする女性もかなりいたらしい。

武士の美談と同じで、同じ境遇の人間はごく稀に起こることでも注目する。噂はいたるところで
飛び交っていただろうし実際の心中例もあるだろうが、実際にはそれほどの数でもないだろう。
噂というのはどれだけ具体的であっても、案外根も葉もない当事者の願望に過ぎないことが多い。
江戸時代の遊女が心中ばかりしていたことにされているようなものだ。

人気の記事

2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    こんな昔の記事にコメントするのも。。と迷ったけど、書くね。

    ワシの地元では、
    「ソトから来た嫁」を「ムラの男衆(を装った男児たち)が」取り囲んで
    「(竹ざおみたいな)棒で」嫁さんを
    つんつん突く。ってう行事があった。あるらしい。
    (ほんとにツンツン、怪我させない程度に。遊んでるように?)
    突きながらなんか歌う?昔のわらべ歌みたいな調子で。

    しばらく男衆達が突いてから、
    (嫁さんは完全に無抵抗)
    嫁の旦那(マジな旦那)が「やめてください!(方言)」って
    割って入って終了、っていう。

    そういう行事があるらしい、現在進行形で。
    帰郷したとき○HKの地方放送で知った。

    地元っつっても他の市の話だから詳細は知らぬ。

  2. はえー おもろい話やなサンガツやで

    暗喩というか、古来の風習があったことを思わせるなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA