0

吸血鬼を語るスレ「ヴァンパイアほどシステマチックな妖怪像も珍しい」「狂犬病や伝染病のイメージが偶像化していった」

ドラキュラ

ドラキュラ(Dracula)は、イギリス時代のアイルランド人の作家、ブラム・ストーカーの恐怖小説『吸血鬼ドラキュラ』(1897年)に登場する男性の吸血鬼

日本では「吸血鬼」の意味で誤用される事が多いが、あくまでも小説の登場人物の固有名詞であり、吸血鬼全般をドラキュラと呼ぶのは間違いで、吸血鬼を表す英語はヴァンパイア(Vampire)である。ドラキュラはルーマニア語で「竜の息子」を意味する(竜は悪魔という意味もある)。小説執筆時は「不死者(The Un-Dead)」という題名だった。

ドラキュラのモデルは15世紀のワラキア(現ルーマニア南部)公ヴラド3世(ヴラド・ツェペシュ、ヴラド・ドラキュラ)とされているが、設定として使われているのはドラキュラというヴラドのニックネームと、出身地が現在のルーマニアという点だけである。ストーカーは、終生アイルランドから出ることは無かったが、この地域について地図や文献でよく調査している。

尚、ヴラド3世がドラキュラと呼ばれ、また自称もしていたのは事実である。これはヴラドの父がドラクルと呼ばれた事に起因する(名前に「a」がつくことで息子という意味が加わり、ドラクルの息子「ドラキュラ」となる)。ドラクルという語は悪魔を意味する場合もあり、後世ドラキュラ公の父ドラクル公は「悪魔公」とも呼ばれた。それに伴い息子のヴラド・ドラキュラ公も「悪魔の子」という意味でのドラキュラと解釈されるに至り、本作のドラキュラ伯爵のイメージに取り入れられている。だが、ドラクルという語の原義は竜であり、本来的にドラクル公は「悪魔」とあだ名されたわけではない。実際には父がドラクルと呼ばれたのは「ドラゴン騎士団」に所属していたためであり、ヴラド・ドラキュラ公も存命時は「悪魔の子」ではなく「小竜公」とでもいうような意味で呼ばれていた。

引用・出典:
Wikipedia – ドラキュラ

1: 2011/01/22(土) 18:40:21
語れ

36: 2011/04/14(木) 03:16:28.65
語れとはなんだ語れとは

5: 2011/01/24(月) 17:45:33
学術的に語りたいからあえて民俗板に立てたんですよ。
オカルトじゃなくて学問として。
さあ語れ。

7: 2011/01/26(水) 10:42:44
>>5 語れ。道標を示せ。流れをつくれ。

8: 2011/01/26(水) 20:38:22
・被害者が強制的に同類眷属に仲間入りさせられる。
・日中は棺おけの中で眠っていて、夜になると活動する。
・太陽の光や、にんにくの匂い、十字架などの弱点が明確に設定されている。

日本にはこれだけシステマチックに構築された妖怪像は無いよね・・・

という切り出しはどうでしょ

10: 2011/01/27(木) 19:40:34
>>8
妖怪を妖怪たらしめている現象以外の状態は、むしろ文学の領域だ。
弱点という発想自体が、既に状況の時間的変化を想定してのことだしな。

後味の悪い話スレまとめ「セイントアダムズ」「はて?あなたはだれでしたかな?」
ほんとにあった怖い話 『ほんとにあった怖い話』(ほんとにあったこわいはなし)は、学校の怪談など、本当に起こった(とされて...

本当にあった怖い話まとめ「ベッドの下のババァとアンプ」「遠くから聞こえてくる祭囃子」
ほんとにあった怖い話 『ほんとにあった怖い話』(ほんとにあったこわいはなし)は、学校の怪談など、本当に起こった(とされて...

12: 2011/01/28(金) 17:14:45
吸血鬼の定義ってどんなの想定してるのかな。
血を吸う怪物ってことでいい?
ヴァンパイアの語源である不死者の側面から見れば、
中国起源の牡丹灯篭もそれっぽい印象なんだけど・・・どうだろ。

13: 2011/01/28(金) 20:26:18
牡丹灯篭にはロシア民話にも似たようなシチュエーションのものがあったな。
ゴーゴリがそれを題材にして怪談を書いていた。

15: 2011/01/28(金) 22:52:18
「血を吸う、飲む」という行為そのものについて考えてみる。
実際にそのような宗教的な儀式、風習があったということなのだろうか。
ワインは血のことだとかいうし・・・・・・・・・

16: 2011/01/29(土) 01:19:44
襲われる→血を吸われる→襲ってきた物に同化される
この関係が重要かと思う。

17: 2011/01/29(土) 14:10:38
血を吸われて同化される、というのは、
血筋や血統の意識とも関係してくるのだろうか。


18: 2011/01/29(土) 18:44:46
おおいに関係あるかも
日本では異端異分子を排除抹殺するから怨霊の概念が通俗化した

19: 2011/01/29(土) 18:55:50
ドラキュラはじめ欧州の吸血鬼は、コウモリやネズミに変身できるという…
そして吸血鬼に咬まれると吸血鬼になると。
この一面を拡大してイメージすると、自分など伝染病を思う。欧州をせっけんしたコレラやペストの記憶も影響しているだろうか?

22: 2011/01/30(日) 01:26:42
>>19伝染病もそうだけど
狂犬病なんかも関係があると思う

197: 2017/07/06(木) 10:23:57.27
>>19
映画だが、ノスフェラトゥはまさに伝染病、ベストとドラキュラをリンクさせていた
乗組員が皆死んでいた伯爵を載せた船から、ベストが広まって
ミナの住む町がベストにやられる描写
吸血鬼伝承をリアルにもオカルトにも解釈できる、耽美的な映像だった

199: 2017/09/29(金) 23:55:02.88
>>197
センスのある脚本と監督だと上手いのを造るよね

20: 2011/01/29(土) 23:56:35
吸血鬼とゾンビの違い
よくみたら接点が多い気もする

21: 2011/01/30(日) 01:19:14
死後のイメージとしての吸血鬼(ヴァンパイア)やゾンビ、怨霊ってことか


23: 2011/01/31(月) 19:22:46
自殺した人が吸血鬼になる、というのは、
ものすご~くキリスト教的な発想だよね。

24: 2011/01/31(月) 20:06:43
棺桶に苦手な筈の十字架の彫り物があったりするんだよね

25: 2011/02/01(火) 22:02:16
エクソシズムと同じく、信仰心高い人がクロスを持たないと意味無いんじゃないか?
映画や物語とかで、誰でもクロスがあれば良いみたいになってきたけど。

26: 2011/02/01(火) 23:17:30
吸血鬼はいろいろな要素があるが、まず第一に肉体をとって墓から帰還した「生ける屍体」のはずだが、
スラヴには人間が生身のまま(つまり生きながら)吸血鬼になるケースもあるらしい
魔女や妖術師、妖怪などと区別がまったく付かない

27: 2011/02/02(水) 18:46:40
魔女狩りはあったけど吸血鬼狩りは無かったみたいだね。

28: 2011/02/09(水) 00:34:00
そもそも純粋な吸血鬼像の起源を探る事が探求の近道なのでは?
メジャーな吸血鬼ってカーミラとドラキュラ、キョンシー?

29: 2011/02/09(水) 17:48:32
てか世界各国に伝承あんのね。西欧、中央、東欧、中東、アジアでそれぞれ起源とイメージ違いそうだ。


30: 2011/03/14(月) 23:35:25.29
吸血鬼は人から血(精気)を吸う(奪う)イメージが強い
ゾンビは人にゾンビ菌(病原菌)を与えるイメージが強い
同じ仲間を増やすのでも正反対のような気がする

37: 2011/05/06(金) 02:59:17.90
>>30
病原体を与えるってのはすごーく最近ここ10年くらいのイメージだと思うが
理屈もへったくれも無く無く増殖する昔の映画のゾンビなんかは
単純に奴らに殺されると呪われるといった類のモンだと思うし
吸血鬼のそれも然りだろう

ただ、吸血鬼なんかの話考えてると不思議なのは
対抗勢力としてカソリックの人物やアイテムが登場するが

墓から甦った死者なんつーのは黙示録で神に祝福された神の国に入れる人々だとか書いてあるんじゃないのかとか、
その為に、キリスト教徒は未だに土葬なんてやってんじゃないのかとか、

その辺、その文化圏の人たちはどんな風に折り合いつけてんのか不思議に思うな

38: 2011/05/07(土) 01:13:05.15
>>37
完全な「復活」は、その通り神聖なものと同じことになってしまうので、
吸血鬼は肉体がなく魂だけの存在だとか、肉体に悪魔が乗り移ってるだけだとか、
そういう理屈付けをして「完全ではない」と区別を試みることはあったらしい。

しかしそもそも、そういう神学的な折り合いは専門家の領分であって、
実感のある当事者には区別する興味も、必要もないだろう。


31: 2011/03/15(火) 07:16:16.71
後付けなのか解らないけど、ドラキュラの吸血シーンで惚れたのエリザベート似のミナには吸うだけじゃなく、吸わせてもいるんだよね。

32: 2011/03/18(金) 23:25:31.70
ゾンビが感染するのは映画が元ネタで、吸血鬼の特徴を取り入れたもの。

33: 2011/03/26(土) 15:53:00.14
生気を奪うでちょっと思ったんだが
吸血鬼と菌類って似てない?

35: 2011/04/12(火) 03:31:42.32
美男の精液を吸うのはベネズエラの吸精鬼だけなのかい?

39: 2011/05/10(火) 14:22:52.00
物語要素は殆どワラキアの例の人が元で
それにカソリックと異なる文化圏の習俗や
忌避される現象等が合わさった感じか。

40: 2011/05/11(水) 01:34:39.14
ヨーロッパの西と東で「腐らない死体」への解釈が180°違う。
西では「腐らない死体」は聖者として崇められる。
例えばフランシスコ・ザビエル。
法王庁は「本当に腐らないのか? 確認のため、手首を斬って送れ」と指示している。
(この厳密さが如何にも西洋人だね)。
 
いっぽう東ヨーロッパだと「腐らない死体」はヴァンパイアに認定されてしまう。

ほんのりと怖い話…「伏見稲荷の道案内」「21時の警告音」「知らないおかあさん」
ほんとにあった怖い話 『ほんとにあった怖い話』(ほんとにあったこわいはなし)は、学校の怪談など、本当に起こった(とされて...
42: 2011/07/21(木) 18:20:07.36
吸血鬼に関する書籍って少ないね……「吸血鬼伝承」は絶版だし、あとは新紀元社の本ぐらいしか知らない

何か良書はないかな?

43: 2011/07/21(木) 19:53:35.01
関係してそうな書籍を手当たり次第に読んでみるしか無い気がする


「スラヴ吸血鬼伝説考」という本が河出書房から出てるけど……

44: 2011/07/21(木) 21:50:15.92
>>43
図書館行くしかないですね
ググッたら「吸血鬼伝説」ってのが「知の再発見」双書でありましたが……読んだ人います?

45: 2011/07/26(火) 12:45:55.83
吸血鬼なら恐血鬼や吸血鬼の夜鷲が強いよね

48: 2011/09/12(月) 22:19:44.91
銀が苦手っていうのはいつ頃できた設定?

49: 2011/09/15(木) 16:38:44.72
古代インドでスパイや忍者みたいな存在を夜叉と表現したということを示唆した書籍を読んだことがあるな。
残念ながら書籍名を思い出せぬが…

53: 2012/07/27(金) 15:49:41.00
ダイアン・フォーチュンの言葉

本当の吸血鬼はエーテル体の投射ができない限りありえない 「心霊的自己防衛」

54: あああ 2012/07/29(日) 14:02:37.40
吸血鬼伝承はうちにあるよ?
それより、ノスフェラトゥスって吸血鬼だよね?

55: 2012/07/29(日) 15:06:15.51
ドラキュラを吸血鬼と訳したのは明らかに誤訳だよね?
本当は神聖ローマ帝国のドラゴン騎士団に所属したウラド公の子=ドラゴンの子=ドラキュラ

ですよね?

56: 2012/07/29(日) 17:54:11.61
「ドラキュラ」を吸血鬼とするのはストーカーの小説がもとになっているわけだし、
そういう意味では誤訳ではないだろう。

オススメ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。