0

古今東西のカニバリズム・食人の歴史「人を食ったようなスレ」「一番ウマいのはオセアニア人」「フルーツ食でストレス少ないから…豚肉と同じだな」

 

カニバリズム

カニバリズム(英: cannibalism)とは、人間が人間の肉を食べる行動、あるいは習慣をいう。食人食人俗人肉嗜食ともいう。

文化人類学における「食人俗」は社会的制度的に認められた慣習や風習を指す。一時的な飢餓による緊急避難的な食人や精神異常による食人カニバリズムには含まず[1]、アントロポファジー(英: anthropophagy)に分類される。また、生物学では種内捕食(いわゆる「共食い」)全般を指す。

転じて、マーケティングにおいて自社の製品やブランド同士が一つの市場で競合する状況や、また、航空機や自動車の保守で(特に部品の製造が終了し、入手困難である場合に)他の同型機から部品を外して修理に充てることなどもカニバリズム共食い整備)と呼ぶ。

引用・出典:
Wikipedia – カニバリズム

(動画引用・出典:Youtubeチャンネル「フェルミ研究所」より – https://www.youtube.com/watch?v=q_rUbbUuND8 )

(動画引用・出典:Youtubeチャンネル「最凶の閲覧注意」より – https://www.youtube.com/watch?v=SW8WPTei4qw )

(動画引用・出典:Youtubeチャンネル「【閲覧注意】 好奇の扉ちゃんねる~あなたの知りたい世界~」より – https://www.youtube.com/watch?v=WGvug4zjXbE )

(動画引用・出典:Youtubeチャンネル「VICE Japan」より – https://www.youtube.com/watch?v=gx0CZ3bpAbc )

(動画引用・出典:Youtubeチャンネル「むし子」より – https://www.youtube.com/watch?v=_HtVHDFqNlw )

1: 2010/09/29(水) 04:50:25 O
★古今東西の食人の歴史★

人が人を食う。
それはどういう性なのか。

食人料理レシピもあるらしい。
本当だろうか。

洋の東西を問わず。
今昔の違いを問わず。

戦慄と共に語れ。

26: 2010/11/08(月) 17:32:43 0
人を食ったようなスレだな

27: 2010/11/08(月) 17:46:02 0
誰がうまい事を言えと

2: 2010/09/29(水) 05:03:55 O
マルタン・モネスティエの「食人全書」読め

あれに全部書いてある

5: 2010/10/15(金) 13:07:24 0
歴史上、一番多くの人を食ったのはどの国の誰だったろう?
過去の関連スレでは結論は出てたろうか?

7: 2010/10/16(土) 17:47:40 0
ソニービーンは一族で300人食ったという説があるが、
そのあたりがギネス記録じゃないかな。

9: 2010/10/22(金) 05:27:03 0
>>7
ソニー・ビーン一族は伝説の可能性が濃くなかったか?

10: 2010/10/23(土) 03:53:40 0
『呪われた中国人―“中国食人史”の重大な意味』 著:黄文雄 出版社:(株) 光文社


日本では、魯迅の『狂人日記』については、学者や知識人の誤った解釈等によって、周囲の人間が自分を食べようとしているという妄想に取りつかれた狂人を描いたもの、と捉え、「食人」は何か別のものを象徴しているのだろう、という風に読まれているが、実はそれは間違いで、この男こそが正常で、文化的にカニバリズムが常習化していて、「食人」を異常と感じなくなっている中国人一般の方こそが狂人であるとするものらしい。

中野美代子の『カニバリズム論』を引用し、中国人はイメージよりも事実に感応する民族なので、「食人」という中国人にとってごくありふれた事実をイメージにした『狂人日記』は、中国人にもあまり理解されなかったそうだ。

128: 2012/01/28(土) 19:08:33.62 O
>>10
蒸し焼きはちょっと後の時代(隋末)
諸葛昂と高 は互いに宴を開いて招きあっていた
あるとき、高 が諸葛昂らをもてなした。
出された食事に客たちが手を付けた後、食材が紹介された。
そこには双子の子供の頭と手足があった。

諸葛昂が返礼の為、高 らを招いた。
最初に寵愛する美女に酒を勧めさせたのだが、この美女が意味もなく笑ったので、
昂は叱りつけてすぐさま下がらせた。
しばらくして蓋をかぶせた巨大な銀盤が運び込まれてきた。
蓋をあけると、先ほどの美女が生きたまま蒸し上げられていた。
昂は美女の腿肉を裂いて皆に勧め、自らも飽きるまで食らった。

129: 2012/01/28(土) 19:10:33.53 O
>>10
ちなみに万銭は北魏の話だったと思う。

西晋の話
石崇は客を招いて宴会するたびに、いつも美女に酒をすすめさせた。
酒を飲み干さない客があると、宦者に命じて次々と美女を斬り殺させた。

武帝司馬炎が王済の家を訪れた時、王済は全て瑠璃の器を用いて食事を出した。
また、百人を超える侍女全てがあや絹や薄絹の衣装を身につけていた。
更に蒸した豚はよく肥えておいしく、普通の味と違っていた。
武帝が不思議に思って尋ねると、「人間の乳を豚に飲ませて育てたものです」
と答えた。武帝はひどく不愉快に思って、食事も終わらぬうちに立ち去った。
※人の母乳で、豚肉を蒸したという話もあります。
以下略

162: 2012/06/08(金) 14:40:01.81 0
>>129
よそのスレで人乳はすごく不味いとあったが(親父に横取りさせない為)
そんなモン飲ませた豚がホントに旨くなるのかな?

163: 2012/06/08(金) 17:18:49.55 0
>>162
以前、ある図鑑で
インディオ(だったと思ったが)の女性が、子豚に
自分の乳を飲ませているところの写真を見たことがあるな。

164: 2012/06/08(金) 22:30:37.22 i
>>162
飲んでみりゃいいだろ

14: 2010/10/24(日) 22:56:05 0
出たあああ!!!
人食いアミンの噛み付き攻撃だあああ!!!
(古舘の実況で)

19: 2010/10/27(水) 20:31:38 O
星新一の『進化したサルたち』に載っていた説。
「人食い人種が人を食うのは、何故食っちゃいけないか解らないからだ」。
ワロタし或る意味頷かせるが、個人的には眉唾な説というか、1つのユーモアだと思っている。

20: 2010/10/29(金) 02:52:55 0
>>19
>「人食い人種が人を食うのは、何故食っちゃいけないか解らないからだ」。

考えてみれば、俺もわからないなw
寓意なのか、ユーモアなのか

21: 2010/11/04(木) 20:13:03 0
以前読んだ「人肉大全」?(うろ覚えすまぬ)なるブ厚い蔵書によると
世界の人種で一番ウマいのはオセアニア人らしい。
生活にストレス少なく、裸足でフルーツを主に摂取しているのが主な理由のようだ。

30: 2010/11/19(金) 17:47:00 0
大躍進の時は人肉を食らう事が多かった


31: 2010/11/20(土) 18:10:37 0
人として一歩進んでしまったわけだ(踏み込んでは行けないところへ)

32: 2010/11/21(日) 21:23:03 0
ソ連のジョーク思い出しちまったじゃねーか
アメリカは今崖っぷちにいる
ソ連はその一歩先にいる ってやつ

33: 2010/11/24(水) 23:45:53 0
( ´∀`) 人を喰った話だ
( `ハ´) 人を喰った話だ

35: 2010/11/27(土) 20:00:57 0
中国人は文明人だから食人はしません。野蛮な日本人の
作り話です。

36: 2010/11/27(土) 20:07:19 0
( `ハ´) <食人しないアルヨ 喫人アル

38: 2010/11/27(土) 20:17:03 0
他民族を貶めて何が楽しいのか。日本人だって
ニューギニアで人を食ったじゃないか。

44: 2010/12/25(土) 17:16:18 0
アンドロパゴイ人のスレ

45: 2011/01/17(月) 17:16:49 0
「生きる為に食べ物を食べて何が悪い?」

「お前等も牛や豚の肉を食べるだろう?」

「何でお前らの言い分を聞かなくちゃならない?」

「お前らは“一度”でも牛や豚の命乞いに耳を貸したことがあったのか?」


46: 2011/01/17(月) 22:11:03 0
嘘つきなキリスト教徒より正直な人喰い人種

47: 2011/01/18(火) 04:09:04 0
家畜が命乞いするわけねーだろ

48: 2011/01/19(水) 11:46:51 P
長野県で食人があったっちゅう一次資料でなんかいいのないでしょうか

49: 2011/01/19(水) 15:58:59 0
浅間山荘

50: 2011/01/21(金) 19:31:39 0
人間ってどこまで追いつめれば食人に至るんだろうな

絶対に抜け出せない所で遭難とかしても低確率だな 人間の尊厳を失うぐらいなら餓死した方がマシと考えるだろうな

限界まで精神的に追いつめられている狂人ぐらいだな 食人の考えに至るのは


51: 2011/01/21(金) 21:18:52 0
生物学的に遺伝子が近い生物の肉ほど美味しいと感じるらしい
人間にとって市場に出回ってる肉では豚肉がそうらしいが
遺伝子が99.9パーセント以上共有している同じ人間ならどうかな?

52: 2011/01/21(金) 23:23:41 0
お前、何いってんの?

フグや、タイや、マグロ、鰻の蒲焼、ウニ(肉じゃないが。)はどーすんだ。

53: 2011/01/22(土) 01:32:49 0
>>52
肉限定

57: 2011/01/23(日) 21:33:04 0
>>53
ウニ以外肉なんだが

62: 2011/05/18(水) 12:51:24.74 O
蜜柑の産地の三ヶ日人は食人と日本史の授業で聞いたな。

63: 2011/05/18(水) 19:21:13.32 0
中国には食人タブーがなかったんだ。不思議な文明だ。

65: 2011/05/18(水) 23:26:06.07 0
>>63
古い時代には人肉市場があったらしいからな。
食人文化自体も、少なくとも文化大革命の時までは
伝えられてたらしいよ。死者の肝を食って二度殺すって事で
殺害した相手の肝臓を食らった なんて事もあったらしい

あと、2005年ぐらいかな? の、調理師専門学校の教科書の
食文化概論の中国の食文化には嬰児のスープの表記もあったらしい。
オレの手元にあるのは改訂後の教科書だけどな

66: 2011/05/19(木) 13:09:31.85 0
幕末の薩摩兵も人間を食っていたんだよな、確か。


85: 2011/10/01(土) 08:05:29.74 0
>>66
戦闘後に肝を取る話だろ。
戦国期の薩摩が有名だけど、実は日本各地でやっていた。

67: 2011/05/19(木) 17:01:27.31 0
薩摩なら納得

68: 2011/05/31(火) 15:41:23.76 0
合コンで食人の話したら女の子達がドン引きしちゃった
後で友達にメチャ怒られた

77: 2011/08/08(月) 12:46:30.12 i
魚の素揚げとかあるけど、同じ調理法もあるのかな

80: 2011/08/26(金) 11:36:21.88 0
>>77
中国で都からきた大官をもてなす料理を考えてたら、
孝行娘が自分から油のたぎる大なべに飛び込み見事なから揚げとなりました。
悲しいけどもったいないので大官、家族そろっておいしく頂きました。
その後もちろん親は大出世、孝行娘のために碑をたてたそうな。
って話が昔よんだ中国史の本にのってた。

79: 2011/08/26(金) 09:40:11.56 0
しゃぶしゃぶ

81: 2011/09/07(水) 16:46:44.96 P
中国のバスケ選手の太ももなんか旨そうだな

82: 2011/09/07(水) 18:02:07.40 0
>>81
赤身ばかりだし、きっと硬いから
スープぐらいにしかならないと思う。

83: 2011/09/07(水) 20:32:38.06 P
>>82
赤身ばかりで少し硬いくらいがステーキにしたときに健全なおいしさがある
霜降りはすなわちどうしようもないピザ肉だから嫌だ

92: 2011/11/30(水) 19:30:13.19 0
魯の国には斉の国から美女80人だかが贈られたそうですが、
彼女達の肉をお召し上がりにはなられたのでしょうか。

93: 2011/12/01(木) 23:52:38.46 0
別な意味では食べちゃっただろうが、スレタイ的な意味ではなんとも言えん。


96: 2011/12/10(土) 20:33:16.24 0
歴史はきれい事だけじゃないし

104: 2011/12/15(木) 22:11:24.62 i
カリブ海は人食い人種の宝庫

105: 2011/12/17(土) 00:21:14.43 P
>>104
それってスペイン人の思い込みらしいが。

292: 2014/03/17(月) 19:27:18.41 0
>>104
カニバリズムの語源

114: 2012/01/10(火) 16:21:50.25 0
人類の死体を食わないで灰にしたり埋めて腐らせるのはものすごくもったいない事に思えてきた
家畜による食肉生産や輸送は環境負荷も高いが、人類は放っておいても膨大な人数が死んでいく
形が残ったり個人が特定できるとさすがにリアルで食べ難いが幸い人類には加工や調理ができる
頭部以外をミンチにして冷凍食品にしてしまえばけっこう違和感なく食えるのではなかろうか?

そのように物理的に何ら問題ないのに心情的に問題となっている部分を合理化していったら
人類の暮らしはどこまで効率化できるのだろうな。

115: 2012/01/10(火) 18:10:05.61 0
つ ソイレントグリーン

117: 2012/01/14(土) 19:08:20.11 O
いや、クール病になる

118: 2012/01/14(土) 19:09:24.34 O
よく見たら頭以外か

119: 2012/01/15(日) 12:00:43.47 0
支那のような高度文明に食人タブーがないのが不思議だ。

120: 2012/01/15(日) 13:14:55.34 0
>>119
あまりにも飢饉が当たり前になりすぎたからではないかな
後、あまりにも人口の変動が大きすぎるし
何かあると、すぐに人口が半分以下に減るから
欧米でも日本でもそのあたりはもう少しなだらかだろう?
欧米でも人口が半分以下に減った時期はあったけど、中華の場合は
その頻度が半端じゃないから

125: 2012/01/23(月) 16:07:10.56 0
>>120
昔から均分相続だから定期的に破局が訪れちゃうんだよな。
人口が一定数に増加して土地の細分化が限界に達する度に。
宋代のように飛躍的な革新があって、言論の自由の萌芽すら
あったような時代に何とか変えられなかったのかな。
清も剃髮易服を強制するぐらいなら、それを変えればよかった
のに。新大陸産の農作物により不況下でも人口爆発だなんて
悪夢を避けられたら、今頃はかなり違っただろうな。

183: 2012/11/24(土) 21:31:58.94 0
>>125
江戸時代の日本のような一子相続では農村の二男、三男は都市部に流入していった

188: 2012/11/26(月) 21:32:28.15 0
>>125
共産中国になってから均分相続はどうなったのか気になる

121: 2012/01/16(月) 18:29:40.05 0
緊急避難、文化風習、グルメと分けると
最後のグルメに当てはまるのは支那しか思い浮かばんな

123: 2012/01/19(木) 23:47:13.76 0
綏靖天皇の場合は緊急避難でも文化風習でもないから
消去法でグルメだろう。

124: 2012/01/20(金) 23:46:19.67 0
それ以前に実在したかどうかを確定してもらわんとw>綏靖天皇

127: 2012/01/28(土) 00:44:00.73 0
言葉も通じないし仲間以外の人間は畑を荒らす猿と同じにしか思えなかったのでしょうね。

130: 2012/01/29(日) 04:53:42.52 0
それがもてなしと思ってる人間と不快に思う人間の両方がいるのがなんか面白いな
了解取らずに出しちゃうのも凄い

131: 2012/01/29(日) 10:25:04.93 0
冷静に考えたら王済が処刑されても不思議じゃない場面だな

132: 2012/01/29(日) 16:16:52.50 O
最終的に謀叛の罪で処刑されたんじゃなかったっけ?>王済


人気の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。