0

【速報】切り裂きジャック、ついに正体が判明する「ポーランド人理髪師アーロン」「劇場型殺人の元祖」「最後の犠牲者だけ若く残酷に殺害された」「世界で最も有名な未解決事件」 2ch殺人鬼まとめ

 

切り裂きジャック

切り裂きジャック(きりさきジャック、英: Jack the Ripperジャック・ザ・リッパー)は、1888年にイギリスで連続発生した猟奇殺人事件および犯人の通称世界で最も有名な未解決事件であり、現在でも犯人の正体についてはいくつもの説が唱えられている

切り裂きジャックは、1888年8月31日から11月9日の約2ヶ月間にロンドンのイーストエンド・オブ・ロンドン、ホワイトチャペルで少なくとも売春婦5人をバラバラに切り裂き、殺人を実行したが逮捕には至らなかった。署名入りの犯行予告を新聞社に送りつけるなど、劇場型犯罪の元祖とされる。当時の定義づけによる精神病患者から王室関係者まで、その正体については現在まで繰り返し論議がなされているが、1世紀以上経った現在も犯人は不明。

切り裂きジャックは売春婦を殺人の対象に選んだ。犯行は常に公共の場もしくはそれに近い場所で行われ、被害者はメスのような鋭利な刃物で喉を掻き切られ、その後、特定の臓器を摘出されるなどした。そのような事実から解剖学的知識があるとされ、ジャックの職業は医師だという説が有力視されている。しかし近年、最新のプロファイリングにより肉屋であるという説も有力とされた。

ただ、このような事件が起きていた間にも、被害者の女性たちが警戒心もなく犯人を迎え入れていた形跡があることから、実は女性による犯行とする説もあった。また、犯行は1年以上続いたなど、様々な異説がある

「ジャック」とはこの場合特定の人物の名前を示すわけではなく、日本でいう「名無しの権兵衛」のように英語圏で呼び方の定まっていない男性を指す名前である。

引用・出典:
Wikipedia – 切り裂きジャック

(動画引用・出典:Youtubeチャンネル「ANNnewsCH」より – https://www.youtube.com/embed/N9czW8rNb78 )
(動画引用・出典:Youtubeチャンネル「世界ミステリーch」より – https://www.youtube.com/embed/1hSrKGWtxTI )
(動画引用・出典:Youtubeチャンネル「Weekly Journey from London」より – https://www.youtube.com/embed/sCOUJzRI7ts )

切り裂きジャックの正体 DNA解析でアーロン・コスミンスキーと特定か

1888年、英国ロンドンを恐怖のどん底に陥れた連続殺人犯切り裂きジャックジャック・ザ・リッパー)”。今日に至るまで犯人はわかっておらず、世界で最も有名な未解決事件として知られていたが、DNAの解析により、ついに犯人の正体が明らかとなった

Journal of Forensic Sciencesに掲載された法医学調査報告書によると、切り裂きジャック当時23歳だったポーランド人理髪師アーロン・コスミンスキーであることがわかったという。

切り裂きジャックはロンドンのホワイトチャペル地区で1888年8月から11月までの間に、少なくとも5人の売春婦を惨殺したとされる。

犯罪歴、精神病歴があり、ひどく売春婦を憎んでいたコスミンスキー100年以上前に容疑者として浮上。しかし決定的な証拠に欠け、1919年に強制入院先の精神病院で死亡している。2014年に切り裂きジャック研究者のラッセル・エドワーズが真犯人の本命として名指ししたが、当時は確証がなかったため断言はできなかった。

1888年9月30日、無残に切り刻まれた4人目の犠牲者、キャサリン・エドウッズがシティ・オブ・ロンドンで発見された。今回、犯人割り出しの決め手となったのは、このエドウッズのショールだった。遺体のそばに落ちていたショールに付着した血液と精液を採取し、最新の技術による遺伝子検査を実施。その結果、最も有力とされながらも、あくまで容疑者の一人であったコスミンスキーのデータと合致したのだ。

この調査では犯人の外見の分析も行われ、茶色の髪と茶色の瞳であることがわかった。これは、事件当時、唯一信頼された目撃者の証言とも一致している。


このショールは2007年、前述の切り裂きジャック研究家ラッセル・エドワーズがオークションで入手。これを薬学、生体分子科学者のジャリ・ルーヘリアン博士、リーズ大学で遺伝学を研究するデヴィッド・ミラー博士が譲り受け、今回の調査を行った。

引用・出典:
https://jp.sputniknews.com/life/201709174095508/

37: 2019/03/19(火) 17:17:04.02
アーロン・コスミンスキー(Aaron Kosminski、1865年9月11日 – 1919年3月24日)
ポーランド出身。ユダヤ系の理髪師。
殺人現場であるイースト・エンド近辺に住み、
犯罪歴・精神病の入院歴があり、売春婦を憎んでいた。
目撃者の証言により当局に逮捕されたが、重い精神の錯乱が見られた。
また、切り裂きジャックが書いたとされる手紙と、筆跡が一致しなかったとされるなど、
証拠不十分を理由に起訴は断念された。証言も後に撤回されている。
1919年、強制入院先の精神病院で死亡。

35: 2019/03/19(火) 17:16:11.16
ポーランドの青年だったのか
ジャックとか名前を付けるからややこしくなる

775: 2019/03/19(火) 21:39:47.80
>>37
なぜかアーロンという名前の人はユダヤ人というイメージだが、今回もか

784: 2019/03/19(火) 21:47:06.90
>>775
旧約聖書由来の名前だからそりゃユダヤ人が多いだろうね。
アーロン・ネヴィルたいな黒人もいるけど。

788: 2019/03/19(火) 21:48:09.04
>>775
アロンという名前はユダヤ人由来。旧約聖書にユダヤ人指導者の1人として出てくる。
また名字に~(息子)、という傾向も。
メンデルスゾーン(メンデルの息子)、ジョンソン(ジョンの息子)、アンデルセン(アンデレの息子)、ヨハンソン(ジョンの息子)など。

792: 2019/03/19(火) 21:49:31.50
>>775
アーロンはモーセの兄でイスラエルの司祭の祖とされているから、ユダヤ系の人には確かに好まれる名前かもね
もちろんユダヤ系でないアーロンもいるけど

794: 2019/03/19(火) 21:52:26.48
>>37
強制入院って何やらかしたんだろう?

194: 2019/03/19(火) 17:48:02.16
>ショールに付着した血液と精液を採取
>血液と精液
>血液
抵抗した時に引っ掻いたんか?

45: 2019/03/19(火) 17:19:03.70
犯人はお医者さん説とかイギリス王室説とか女性説とか色々あったのに地味な犯人だったな


54: 2019/03/19(火) 17:21:48.96
>>45
謎は謎のママの方がロマンはあったね

695: 2019/03/19(火) 20:27:45.21
>>45
床屋は昔は医者もやったらしい
赤と青のクルクル回ってる床屋の看板
赤と青は動脈と静脈のことらしい

698: 2019/03/19(火) 20:29:51.76
>>695
戦争の時に不足した医者を補うために駆り出されたんじゃなかったっけか。

120: 2019/03/19(火) 17:35:06.35
王室関係者説を信じて来ました。

78: 2019/03/19(火) 17:27:11.05
動機証拠目撃証言そろってるならもうこいつでいいんじゃね
こんな昔の事件にうがった見方してもな

79: 2019/03/19(火) 17:27:35.94
たったの5人だったのかぁ
案外大した事なかったのね

95: 2019/03/19(火) 17:30:47.61
>>79
確定してるのが五人ってだけ

80: 2019/03/19(火) 17:27:56.33
霧の夜にご用心


82: 2019/03/19(火) 17:28:36.56
コスミンスキーのデータが残ってることが
驚きだよ

94: 2019/03/19(火) 17:30:32.89
>>82
確かに
そっちが残ってた経緯はないのかと

133: 2019/03/19(火) 17:36:48.33
>>94
そっちは子孫のDNA

まぁ、時代が合致したんだよ。色々な面で。ビクトリア朝末期
近世と現代の端境期。この時にはもうロンドンでは地下鉄が走っていた。
ロンドンへの人口流入。それに伴う貧富の差の拡大。
猟奇殺人なんてその当時大衆の最大の娯楽。ほぼシャーロック・ホームズと同時期

84: 2019/03/19(火) 17:28:43.99
そして彼が精神病院に閉じごめられた後に

更に次の犠牲者が生まれていたのだ…!

59: 2019/03/19(火) 17:22:23.62
プロファイルだと医者もしくは医学知識があるやつが犯人じゃなかったっけ

61: 2019/03/19(火) 17:23:04.71
>>59
当時は理髪師が医者も兼任

168: 2019/03/19(火) 17:42:53.25
昔は床屋が外科医を兼ねてたからな
人体を知り尽くしていたんだろう
刃物の扱いも手慣れたもの

66: 2019/03/19(火) 17:23:50.77
>>61
まじ?!

81: 2019/03/19(火) 17:28:28.41
>>66
まじだよ
床屋の前にある赤と青と白のねじり棒、あれ元は動脈(赤)と静脈(青)

しかし感覚麻痺してんのか
5人殺害が大したことないように見えてしまう現代

38: 2019/03/19(火) 17:17:05.47
残忍な殺しだったが、確定は5人だったのね。少なめだな。

99: 2019/03/19(火) 17:32:02.09
>>81
5人は普通に少ないと思う
昔の人の命の価値が軽いし野蛮だからバンバン殺してそうなんだけどなあ


110: 2019/03/19(火) 17:33:37.33
>>99
人数だけでなく劇場型犯罪の元祖であったり警察が警戒してるなかでの犯行を重ねたりと色々と人の興味を誘う犯行だった

158: 2019/03/19(火) 17:40:28.61
>>126
最初の手紙は犯人しか知りえない情報があったからガチ
>>99
5人目が時間があってとんでもないことしている。写真有り
それで精神が崩壊した。もしくは別件逮捕で犯行できなくなった。という説は昔からある

切り裂きジャックの犯行

一連の事件における被害者の数については、現在でもさまざまな説が唱えられているが、以下の5名は切り裂きジャックによる犯行と確実視されている。

1888年8月31日(金) – メアリー・アン・ニコルズ(42歳)
1888年9月8日(土) – アーニー・チャップマン(47歳)子宮と膀胱を犯人により持ち去られる。
1888年9月30日(日) – エリザベス・ストライド(44歳)犯人が目撃された唯一の事件。
1888年9月30日(日) – キャサリン・エドウズ(43歳)左の腎臓と子宮を犯人に持ち去られる。
1888年11月9日(金) – メアリー・ジェイン・ケリー(25歳)皮膚や内臓を含めほぼ完全にバラバラという最も残忍な殺され方をした。
犯行は夜、人目に付かない隔離されたような場所で行われ、週末・月末・もしくはそのすぐ後に実行されている点が共通しているが、相違点もある。キャサリン・エドウズはただ一人、シティ・オブ・ロンドンで殺害された。メアリー・アン・ニコルズはただ一人、開けた通りで発見された。アーニー・チャップマンは他の被害者とは違い、夜明け後に殺害されたと見られている。

※閲覧注意 五人目の被害者で、最も残酷に殺害されたメアリー・ジェイン・ケリーの現場写真

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/49/MaryJaneKelly_Ripper_100.jpg

壁の落書き

2件の殺人が犯された9月30日の早朝、アルフレッド・ロング巡査が犯行現場を捜索中、ゴールストン通りで血の付いた布を発見した。後にこの布はキャサリン・エドウズのエプロンの一部ということが分かった。

その近くの壁には白いチョークで書かれた文書があった。その文書は「The Jews are the men That Will not be Blamed for nothing.」もしくは「The Jews are not The men That Will be Blamed for nothing.(ユダヤ人は理由もなく責められる人たちなのではない)」というものであった。

この文を見たトーマス・アーノルド警視は、夜が明けて人々がそれを目にすることを恐れた。彼はその文章が一般大衆の反ユダヤ主義的感情を煽るのではないかと思ったのである。事実、メアリ・アン・ニコルズの殺害以降、ユダヤ人の犯行ではないかという噂がイースト・エンドで流れていた。そのため、アーノルド警視はこの文書を消すように指示した。

この文章はスコットランドヤードの区域で見つかり、犯行場所はロンドン市警察の管轄内であったため、2つの異なった警察部隊に分かたれることになった。特にロンドン市警察の警察官たちはアーノルドに反対であった。この文章は証拠かもしれず、せめてその前に写真を撮るべきだと主張したがアーノルドは賛成せず、結局明け方に消されてしまう。


切り裂きジャックからの手紙

セントラル・ニューズに届いた手紙
1888年9月27日、切り裂きジャックを名乗る手紙が、新聞社セントラル・ニューズ・エイジェンシーに届いた。9月25日付けの消印が押された “Dear Boss” (親愛なるボスへ)の書き出しで始まるこの手紙の内容は、切り裂きジャックは売春婦を毛嫌いしており、警察には決して捕まらない、犯行はまだまだ続くと予告する挑発的なものであった。

この件が新聞で伝えられると、切り裂きジャックを名乗る手紙が何百通も新聞社などに届いたが、そのほとんどがいたずらかメディアによる自作自演であった。しかし、最初に届いたものを含む以下の3通は、偽物だとは断定できなかった。

引用・出典:
Wikipedia – 切り裂きジャック

44: 2019/03/19(火) 17:18:28.85
なんでこんなに有名になったんだこいつ
こいつよりやらかしたやつなんて星の数ほどいるだろうに

50: 2019/03/19(火) 17:20:05.55
>>44
期間でも長かったのかなぁとwikipedia見たらたった2ヶ月だったけど
劇場型犯罪の元祖とされるとか書いてたわ
そりゃ一番インパクトあるわな

57: 2019/03/19(火) 17:22:14.23
>>44
ジャック・ザ・リッパーという名前の良さ
手紙の文体もセンスがあった
劇場型犯罪の始祖

393: 2019/03/19(火) 18:26:25.91
>>57
加えてついに逮捕されず、犯人の素顔が謎のままになったというのが決定打になった
一方でvipを含めいかにもな容疑者が複数おり、人々の知的欲求に訴えるデータも豊富

223: 2019/03/19(火) 17:52:51.88
>>44
王族が疑われたからじゃない?

363: 2019/03/19(火) 18:18:39.81
>>44
この事件がきっかけで科学捜査が出来たからじゃないっけ?

377: 2019/03/19(火) 18:22:10.17
>>363
マジか

科学捜査の走りはホームズかとおもたw

854: 2019/03/19(火) 23:55:48.50
>>44
真犯人の決定的証拠がなくて、
王族が疑われたり、スキャンダラスな要因が
いろいろ多かったからだよ。

171: 2019/03/19(火) 17:43:15.49
ロンドンを恐怖のずんどこへね

172: 2019/03/19(火) 17:43:15.79
ロンドンを恐怖のどん底というがターゲットが女で娼婦と極めて限定的だろう
ロンドンの娼婦達が恐怖のどん底でも一般市民が恐怖感じるかなあ


人気の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。